天皇制について


雁屋 哲「日本人と天皇」

2002.1.25記

 「美味しんぼ」の作者・雁屋 哲氏が天皇に関する漫画を出した、という話はだいぶ前に知っていたが、おくればせながらようやく「日本人と天皇」(画はシュガー佐藤、いそっぷ社)を書店で見つけて入手した。近代天皇制に関する基本的な事柄をほぼ網羅している名著と言えよう。
 日本全国の書店の店頭を汚している小林よしのり氏の一連の下品な漫画、および彼を広告塔として利用している超保守的な知識人?連中の著作物が、いかに欺瞞に満ちたものであるかが、よくわかる。その意味で痛快なのだが、それだけではすまされない。

 この本は、「小型天皇制が日本の社会の津々浦々に存在している」ということが全編にわたるテーマになっており、その最後で主人公たちが、

「どうしたら私たちは天皇制から自由になれるのかしら」
「おいおい、それは質問ではなくて答えだよ」
「えっ! 答え!」
「そうだ。天皇制から自由になること。それがこれからのわれわれの道じゃないか」 「それには憲法第1章『天皇条項』をこのままにしておいちゃだめだ」

という会話をかわすところで終わっている。

 アメリカに押しつけられたのは、第9条ではなくむしろ第1章なのだ。

 以前、カンボジアが国連主導のもとで内戦の和平が成立したあとの処理としてシアヌークを国王としてかつぎだしたのも、今般のアフガニスタンの一件ですでに高齢であまり力がなさそうなザヒル・シャー元国王を表舞台に押し出したのも、いずれも西欧の勢力だった。
 なるほどこれらの国々は、確かにそれ以前の国内情勢があまりにヒドい状況だった(もちろんその原因もアメリカにあったということを忘れてはならない)ので、「君主」という存在を利用してそれで少しでもマシになるのなら、それでも良いか、という気がしないわけではない。
 しかし、そういう「気がする」というのは、とりもなおさず、そういう気がした側が、カンボジアやアフガニスタンの人々を蔑視している証拠なのだ。
 そして戦争がおわった段階で、アメリカは日本をそのように蔑視していたのである。「日本人は天皇制さえ残しておけば、そうそう反抗はしまい。(そのほうが、あとあと子分としてこき使うのに便利だ)」と。

 この本については、もっと紹介したいのだが、時間がないので、今はここまで


opinion-frameへ