少年犯罪と学校


 下に書いたのと同様のことは、その後も少年犯罪が起こるたびに繰り返されている。


1998年末、記

 少年犯罪では、年初の教師刺殺事件から年末の老人殺害まで、今年もまたいろいろやらかしてくれた。しかし、昨年の神戸の事件でもう国民全体がそうした事件に慣れてしまったようであるのが一番こわいことである。

 それにしても、少年犯罪が起こるたびに、その両親は決してメディアに引っぱり出されることはないのに、何で学校関係者が記者会見に出なきゃならないのか。
 年末の老女殺害事件でも、中学校長が記者会見していたが、馬鹿げたことだ。だいたい校長なんていう立場の人がひとりひとりの生徒のことなど知ってるはずがないのに、会見で「あの生徒は自分の世界に閉じこもりがちで云々」などと答えているのは笑止千万である。もちろん、だからといって担任が引っぱり出されたりしたら、これまた論外であるが。とにかく「全く学校とは関係ありません」となぜ誰も言わないのか。

 この国の学校をとりまく環境は「馬鹿げている」の一言である。
 その中で一教師が自分の「本来の職業目的」をまっとうするのは容易ではない。少なくとも自分の心の中で「これは本質的なこと、それ以外は余計なこと」という分類がきちんとなされていないまま、状況に巻き込まれていってしまうと、精神がやられてしまう。
 文部省によれば昨年度「心の病」で「休職処分」となった教師の人数は過去最高であったという。「休職処分」というのだから、「労働災害」としては認定されてないのだろうか。だとすると、これまたとんでもない話である。


opinion-frameへ