NHK受信料問題


参考図書:本多勝一「NHK受信料拒否の論理」(朝日文庫)

 2002年11月からマンションに住むようになった。セキュリティ・マンションなので、あらゆるセールスマンは玄関口に来ることができない。マンション全体の入り口のところからインターホンで会話し、その上で入り口の自動ドアを開けるか開けないかはこちらの裁量なのである。これはNHK撃退にかなり有利である。実際に、マンションに住むようになってまもなく、当然ながらNHKがやってきたが、インターホン越しに今までと同じ会話であっさりお引き取り願った次第である。


(以下はまだ前のアパートに住んでいた時の話である。)

2000.11.記

 前回から日をおかずにまたNHKがきた。これもまた前回同様にお引き取り願ったが、BSデジタル放送開始に向けての「営業努力」ということなんだろう。
 しかし、先日の朝刊に次のような記事が載っていた。この記事の意味するところは何か。それは、NHKの「公共放送」の名のもとでの、あこぎな商売方法は、ついに政府機関によっても否定された、ということなのである。

朝日新聞2000年11月23日朝刊トップ記事

 12月から始まるNHKのBS(放送衛星)デジタル放送について、政府の規制改革委員会(委員長・宮内義彦オリックス会長、民間26人で構成)が年内にまとめる見解の草案で、現在の受信料制度に代えて有料放送(ペイテレビ)の導入を検討するよう明記していることが22日、分かった。民間有料放送のように契約世帯以外は視聴できないスクランブル機能を働かせ、視聴者の選択にゆだねるのが目的だ。地上波とは別にBSでも受信料を取っている現状をデジタル放送時代の到来を契機に見直し、インターネット事業進出など業務拡大を図るNHKに財源の分割を迫る意味も含んでいる。広く一律に負担を求める受信料制度による安定経営を望むNHKは反対している。

 草案は各界と議論を重ねて調整した後、年内に公表されるが、郵政省など一部に慎重論も根強く、曲折も予想される。
 規制改革委は行政改革推進本部(本部長・首相)に属し、政府は委員会の見解を最大限尊重し規制緩和推進計画に反映させることになっている。

 現在、NHKの衛星受信料は月945円(カラー)。地上波受信料(1395円)とは別に、衛星放送用の受信機があれば自動的に支払う義務が生じる。12月1日からはNHKや民放7局、データ放送8局がBSデジタル放送に参入する。NHKは受信料の上乗せはしないとしているが、民放BSデジタルを見るために対応テレビを買う人も、NHKが映るという理由で衛星受信料を支払う必要が出てくる。

 さらに来年秋以降、新CS(通信衛星)放送が始まれば、一つのアンテナ・受信機でBSも新CSも見られるようになり、新CS受信者もNHKに受信料を支払うことになる。こうした「便乗徴収」について、CSやBSの有料放送事業者は「視聴者に余分な負担を強制し、選択の自由を奪う」と反発していた。

 規制改革委の今夏以来の議論では、難視聴地域の解消やBSの普及・発展の先導といった当初の目的をすでに達成し、国民的負担金である受信料制度で維持する必要性が薄まったとの意見が大勢を占めた。

 現行のNHK・BSアナログ放送は2010年をめどに打ち切られるため、草案ではスクランブル化検討の対象になっていない。

 テレビを持つ全世帯に課せられる受信料は不払いが目立ち、NHKによると地上波で約20%、BSで約30%に達している。このため草案は「負担者間の公平性とNHKの経営の透明性確保の点から、有効な措置を講ずるべきだ」とした。

 さらに、受信料制度自体について「視聴するか否かといった意思に関係なく義務づける制度について、公共放送のあり方を含め検討を行う必要がある」と問題提起している。

 NHKは、同委員会のヒアリングなどでスクランブル化に一貫して反対し、「有料放送にすると視聴率におもねる番組となり、受信料制度で支える公共放送の経営形態にも影響を及ぼす」と主張している。

 そもそも、「NHKは公共放送だから受信料を払うべきだ」という説は成立しないのだ。それはNHKの運営の仕方に問題があるからである。

 公共放送のくせに民間放送と競合してドラマや娯楽にカネかけている。年末の「紅白」なども、もういいかげんリストラの対象である。そんなものに使われる金を「公共放送」の名のもとに徴収するなど言語道断である。
 大河ドラマでは、それに縁のある地域においてテーマパーク的なものを建設するなどという「環境破壊」を行っている。また、2001年の大河ドラマは「北条時宗」らしいが、その原作は先日NHK出版社から発売されたばかりのものである。
 このようにNHKは、出版社などを含むコンツェルンを形成し、教育TVの番組のテキストや大河ドラマの原作まで販売したりして収益をあげているのだ。

 一方、ニュース番組は薄っぺら。おまけに放送終了時の「日の丸・君が代」は、国旗国歌法成立よりもはるか昔からやっていたことであり、何が不偏不党の公共放送だ。ふざけるのもいい加減にしろ!

 もっとも、こうしたことは全て本多氏の本に書いてあることで、私がここであらためて言う必要はないのだが。


2000.10.5記

 2000年10月5日夕刻、NHKが久しぶりにやってきた。私は、以前と同じく「NHKさんと契約する気はありませんのでお引き取り下さい。」と言ったら、その集金人は、
「そのうち(衛星に関しては、と言ってたかな?)映らなくなりますよ。」
と言って帰っていった。
 へぇ〜、そんな話は聞いてないが、と思い調べてみたら、案の定、全然そんなことはなかった。
(→こちらを参照。要するにBSデジタル放送の場合だけ警告画面を表示するということ。
 ちゃんと説明しないで捨てゼリフだけで帰るとは、相変わらず集金人の質が悪いなぁ。だいたいNHKがスクランブルなんぞをかけたって誰も契約してまで見る奴なんていないって。今時、同じ契約するならCS放送で番組を選んで見るね。(私はクラシックとサッカーだけでいいな。)


第1稿(追記の度に改訂)

 私がアパート暮らしを始めたばかりの頃、案の定NHKがやってきた。しかし私は本多勝一氏の本を読んでいたので、まったく契約の意志はなかった。そう!「契約」すらしていないのに金など払う必用はないのだ。

 で、本多氏の前掲書によれば1回目はNHKの正規職員でない人が来るはずなので、丁重に、
「他にもこういう方がいることをご存知でしょうけど、私も契約するつもりはありませんから」
と言ったらあっさり帰っていった。
 2回目が傑作だった。今度は前回の人ではない2人組だ。おそらく正規の職員だろう。少しやりあってみる。

:「確かNHKさんは私に対して請求書を発行できないはずですよね。契約してないんだから。もってきたのは通知書でしょ?」
NHK:「良く勉強してますねぇ。」

そう、「勉強」してる者に対してはNHKもすごすごと退散するしかないのである。
 3回目もどうやら2人で来たようだが、ちょうど入浴中だったので、ちょっと窓をあけて、「何度来ても契約する気はさらさらありませんよ。入浴中なので失礼!」と言ったら退散していった。(ここまでが引っ越して半年くらいの出来事で、その後、上記2000年10月まで7年もの間NHKは一度もやってこなかった。)

放送法

昭和25年5月2日 法律第132号  施行:昭和25年6月1日 改正:平成元年

第2章 日本放送協会
第32条 協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。(後略 ラジオなどは除くということ)

 この条文は、NHK以外にテレビ放送局がなかった時代には通用したかもしれないが、民間放送が発達した現代においては、全くの空文である。
 この条文をもとに、NHKが電器屋に対して「NHKと契約しない客にはTVモニターを売らないように!」とプレッシャーをかけることはできない。当の放送法がそういうことを禁じているのだ。

第9条第9項 協会は、(中略) 無線用機器の製造業者、販売業者及び修理業者の行う業務を規定し、又はこれに干渉するような行為をしてはならない。

 要するに放送法はザル法なのである。

 有料放送のあり方としては、衛星放送時代に入り「WOWOW」という良い手本ができた。契約しない人には劣悪画像しか見せないあれである。
 WOWOWと比べると、NHKの受信契約制度は全く「商取引」の常識に反しているとしかいいようがない。タダで電波を流しておいて、あとから「見たな! 契約しろ! カネ払え!」というのは、ヤクザ並みの極悪商法と言うべきである。

 では、お前はNHKを見てないのか?と聞かれれば、そりゃ当然見てますよ。何度も言いますが、タダで見られる電波をタレ流してるのだから、見なきゃ損というものです。当然BSもね。何しろアパートに共同でBSアンテナがついてたんで「ラッキー」ってなもんですよ。とにかくNHKも含めた国家組織からは他にもいろいろ搾取されてんだから、こんなところででもモトをとらなきゃ。

 他人が払った金をピンハネすんなって? ハッキリ言わせてもらいますが「この日本の馬鹿げた国家体制を許しているのは、NHKに金払っているような人々だ」と私は思ってますからね。皆さんこそ、もっと「真理を知り、真理に従って行動」してくださいよ。
 じゃあ、皆払わなくなってNHKが無くなったらどうすんだ、って? CMのないチャンネルが無くなるだけで、特に何も問題ないでしょ。
 とにかく、NHKに受信料を払わない賢い人々がもっと増えれば、それだけ日本はもっとマシな「民主主義」国家になるはずだ、と私は本気で考えてるんですがね。


opinion-frameへ