NHK「プロジェクトX」の問題

2005.5.25記

 とりあえず一番よく情報がまとめられている「スポーツ報知」のWeb上から5月24日8時1分更新の記事を引用させていただく。

 NHKの看板ドキュメンタリー番組「プロジェクトX 挑戦者たち」(火曜・後9時15分)の放送内容が事実と異なるとして、取材を受けた大阪府立淀川工業高校(大阪市旭区)が、NHKに再放送をしないよう申し入れを行っていたことが23日、分かった。
 問題が起こったのは5月10日放送の「ファイト! 町工場に捧げる日本一の歌」。淀川工業を舞台に、新人教師が合唱部を作って荒れた生徒たちを成長させ、コンクールで日本一を獲得するまでを描いたストーリー。視聴率は10・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。
 NHKには放送直後から電話やメールで「感動した」などという反響がある一方、同校OBなどからは「事実と違う」などと批判が複数寄せられているという。
 ストーリーの主役として描かれた同校合唱部顧問は、大阪・朝日放送がこの日放送したインタビューで「(パトカーの話は)冗談で話したら、(NHKの)ディレクターが(番組に)入れたというから『うそやから、入れんといて』と言った」「合唱部は学校側から作ってほしいと言われた」などと反論。NHKには削除を申し入れたが「編集が間に合わない」と断られたという。
 番組内では触れられなかったが、淀工には当時から全国レベルの吹奏楽部があり、当時を知る関係者は「ワルの生徒たちの集まりのような“問題校”ではなかった」と指摘している。

番組で放送されたのは次のようなストーリー。

 《1979年、淀工の生徒たちは授業をさぼり、ゲームセンターに入り浸りバイクで暴走など問題を起こす生徒が続出し、年に80人の退学者が出た。そこに赴任した合唱経験のある23歳の新人教師が「歌を通して、生徒たちを変えられないか」と、やる気のない生徒たちを集めて3年後に合唱部を作った。関西合唱コンクールに初出場した時には、主催者がパトカーを呼ぶなどしたが銀賞。のちに全国大会に出場し、金賞を獲得した》

 私はこの問題となった回の番組を予告編でしか知らない。最近「プロジェクトX」は全く見ていない。番組が始まった当初は、中島みゆきの曲は結構耳に残るいい曲だなぁと思っていたので見ていたのだが、結局、この番組の作り方があまりに短絡的すぎるので飽きてしまったのである。

 「プロジェクトX」の題材は、「1.企業戦士紹介(=企業広告?)」「2.日本文化関係」「3.美談」のどれかに分類できる。それはNHKの同番組の過去の題材一覧を見れば明らかである。
 手法がこれまた、要するにある特定の人物にスポットを当てるというクサいやり方に堕している。また、その切り方も浅い。(田口トモロヲの片言のようなナレーションは、その浅さをごまかす最高のマインドコントロールだ。)たとえば初年度の2000年に放送された第25回の「幻の金堂・ゼロからの挑戦〜薬師寺・鬼の名工と若者たち〜」などは、塩野米松による「木のいのち 木のこころ」(草思社)を読んでいた私にとっては期待はずれでしかなかった。とはいうものの、これら「2.日本文化関係」についての分は、歴史の教員にとって興味深いことが扱われたりしていて、一定の評価はしてもよいが。
 「1.企業戦士紹介」のジャンルに関しては、企業全体の広告になるという点では、企業にとっては利用価値大の番組だろうが、それとて「おいおい、あの件の手柄はあいつが独り占めかい?!」と言いたい同僚もたくさんいるのではないか? そしてその点は「3.美談」も同様だろう。要するに、こういう形での番組作りをするとなると、人選がどうしても恣意的になるのだ。

 本来ならもっと多くの人々による複雑な協力(や対立)によって行われたであろうことを、特定の個人にべったりと寄り添った話にすり替えてしまうというのは、司馬遼太郎の悪い点をまねしている感じがする。同様の切り方をしている番組がもう一つある。「その時歴史が動いた」である。これも題材的には面白そうなのだが、どうにも切り方が気にくわない番組である。

 さて、それでも大筋で歴史事実的な誤りがなければ、まあいい。ところが「プロジェクトX」は、どうもその根本の事実関係で、今回に限らず何度か間違いをやらかしているらしい。
 今回の淀川工業高校合唱部の件は、予告編を見ただけで、以前放送された伏見工業ラグビー部の話(2000年放送第30回「ツッパリ生徒と泣き虫先生〜伏見工業ラグビー部・日本一への挑戦〜」)と同工異曲という感じがして、合唱経験者の私としては「それを合唱でやるのかよ!」とどうも嫌悪感のほうが先に立ってしまって見なかったのである。
 その後、その番組を見た同僚が、良かった、というような感想を私にしてくれたが、それに対して私はブルーノ・ワルターの「音楽の持つ道徳的な力について」という文章にあったアメリカの刑務所の更正プログラムの話をして、相づちを打つだけにしておいた。正直な話、熱血体育会系のラグビーでなら不良高校生を更正させられるかもしれないが、合唱でそれができるほど教育現場は甘くないはずだ、むしろ相当まともなところでないと合唱なんかできるわけがない、という思いが私にはある。

 そうしたら、案の定、この報道である。「やっぱりな」という感じである。合唱部が成果をあげる前に、相当な実力を持つ吹奏楽部があったというではないか。全然問題校じゃないよ。
 なら、何でこんな番組ができたのか。どうもこれはNHKの取材を受けた側にも問題がある。NHKの有名番組に取り上げられれば宣伝になる、という考えが、企業のみならず学校関係者にもあるようだ。これは大問題である。ウソの話の出所が当の合唱部顧問教師というのだから、どっちもどっちという感じもする。もちろん彼の冗談というかホラというか、そういうものに乗っかって、ノンフィクションであるはずの番組をフィクションで構成してしまうNHKは、それ以上に問題だが。

余談。
 NHKは、日露戦争をテーマとした司馬遼太郎「坂の上の雲」のスペシャル大河ドラマ化を計画している。司馬遼太郎自身が、生前「軍国主義と誤解される恐れがあるから」という理由で映画化を認めなかったという小説(原作連載は産経新聞)である。そういえばこの前、今年は100周年ということで「その時歴史が動いた」でも2週連続で日露戦争を扱ってたなあ。小学生に教えるべき人物として東郷平八郎が入れられたことに対して、抗議・反対があったのはもうだいぶ昔のことになってしまった。


opinion-frameへ