智は力なり


 ここんところ、近藤誠氏の本を続けざまに読んだ。本当に、彼の本を読むと、おちおち病気になれないな、という気がする。なにもガンばかりではないのである。薬害エイズ事件と同じ構図が医療界に蔓延しているのだから。医者は専門家だから、まかせておけば大丈夫、というのは大間違いなのである。

 医療関係の問題でもう1つ「脳死と臓器移植」についても、よーーく1人1人がきちんと自分の考えをまとめておかないと、いつ何時、自分の意にそわない死に方を強制させられてしまうかわからない。文字通り「安心して死ぬことができない」世の中なのだ。

 何も医療界だけのことではない。世の中が複雑になってきたので、何事も「専門家におまかせ」の時代になってしまったが、それをいいことに専門家たちが何を良からぬ事をたくらんでいるのか、それをチェックすることが必要だ
 専門家というのは「知識・情報を独占する者」のことである。そういう存在は野放しにしておいてはいけない。その筆頭が「官僚ども」であることは言うまでもない。彼らに対しては情報公開を求める戦いが不可欠である。そもそも彼らが持っている情報というのは、我々の税金を使って収集したものなのだから、「原則公開」でなくてはならないはずなのだ。

 しかし、彼らの跋扈を許しているのは、ほかならぬ我々平民なのだ。我々が「おまかせ」という態度をとり続けているうちは何も変わらない。彼らに馬鹿にされ利用されるだけの存在になりさがらないためにも、日々新しい知識・情報を仕入れるように努力するしかない。政治や法律についても無知であってはならない。医療や科学についての知識もそれこそ「勉強」しなくてはならない。
 それだけでなく、勉強で仕入れた知識を、自分の理性の力で理詰めで考えてみることも必要だ「がんは切ればなおるのか」「NHKの受信料取り立ては資本主義経済のルールに反していないか」...よーく考えてみれば、誰の本が正しいことが書いてあるのかは「素人」だって判断できるのだ。(「卑弥呼はどこにいたのか」についても同じ)

 「おまかせ」は、せいぜいガソリンスタンドだけにしておこう。


opinion-frameへ