外来語のカタカナ表記について

2002.12.30記

 まず、2002年12月27日天声人語を全文引用する。

「例のイヂヲツト(愚人〈とんちき〉)のシクエンス(後談)ハどうなツたか」「それに付て実にリヂキユラスな(をかしい)話があるのさ」。坪内逍遥の『当世書生気質』の一節だ。明治初期の欧化主義の中の学生の会話である。いつの時代にも外国語かぶれがいるものだ。
 国立国語研究所が外来語の言い換え例を発表した。坪内の書生ほどではないにせよ、必要以上に外来語があふれている現状への一石だろう。スクリーニング(選別)が大変だったろうが、問題はコンセンサス(合意)が得られるかどうか。
 例えばインサイダーを内部者、インフォームド・コンセントを納得診療、オピニオンリーダーを世論先導者、というと少々元の意味からずれるような気もする。だが、ガイドライン(指針)としての意義は大としよう。
 いつも悩まされるのはアイデンティティーという言葉だ。ぴったりとした日本語がない。今回も「自己同一性」「帰属意識」「自分らしさ」「よって立つ所」など種々検討されたようだが、見送りになった。日本はアイデンティティー自明の社会といわれてきた。それが揺らいでいるいま、何かいい言い換えがないものか。
 「すべて漢文にしようとすれば虎を描いて犬に似るようなことになるし、和文だけでは対応する言葉がなくて無理だ」。江戸末期に出たオランダ語の入門書『訳和蘭文語』がそんな翻訳の悩みを述べている。外国語を日本語に換えることで、世界の新しい知識を導入した時代だった。
 先人たちに学びつつ分かりやすい日本語をつかうように努めたい。

 さて、これを読んで改めて思ったことがある。それは、カタカナ表記されている外来語の中には、もともとの日本文化の中に存在しない概念を表す言葉が少なからずある、ということである。
 上の天声人語の文中であきらかにおかしいのは、「日本はアイデンティティー自明の社会といわれてきた」という一節である。これほどアイデンティティという言葉について誤解を与える記述もないだろう。アイデンティティを「帰属意識」などと訳すことは、高校倫理の青年心理学分野の授業が撹乱されるのでやめてもらいたい。この言葉は自我同一性と教科書では訳している。どちらにせよ難しい言葉である。それを「自分が自分であって他の誰とも違う個性を持った一人の人間である、という意識」である、と説明するのに一時間の授業をたっぷり使うのである。世の中には一言では説明しがたい概念があるのだ、ということをわからせることは、学校の授業の大きな意義なのである。
 同じことが「環境アセスメント」にも言える。環境影響評価・環境事前評価と教科書にも訳されている。これも授業で私はいつも次のように言い添えることにしている。「事前に評価してオシマイということではない。事前に影響を評価した結果、開発事業そのものが見直されることが重要なのである」と。日本ではアセスメントをしても開発計画はそのまま続行されることがあまりにも多い。これも、日本の風土にない言葉はカタカナでしか表せないという一例である。

 インフォームド・コンセントを「納得診療」とするのもいただけない。日本には「患者は“お医者さま”の言うとおりにしてればよいのだ」という風土しかなかったのだから、インフォームド・コンセントがカタカナでしか表現できなくて当然である。それを、「きちんと説明を受け、納得をした上で医療行為を受ける(当然の権利)」である、と教えるのは、学校や家庭における教育のつとめである。また、患者になる人々にわかりやすく書かれた本もたくさん出ているのだから、それを読めばよい。とにかくこの件については、日本国民(医者も患者も)が意識改革につとめることが何よりも重要なことなのである。納得診療などという安っぽい言葉に変えてしまうことで失われる意味も大きいのではないか。
 (バリアフリーについてもほとんど同じことが言える。それに障害除去では何のことやらさっぱりわからん。国立国語研究所の連中はみな、バリアフリーの何たるかを知らないのだろう。)

 「インサイダー取引」のように、あるジャンルの専門的な言葉であり、かつそれで定着した言い方を変えるのも問題だ。「内部者」では一般用語になりすぎてしまう。
 「ガイドライン」も今となっては「指針」よりも簡単で定着しているか。オピニオンリーダーも同様である。それに「先導者」というのは仰々しいし、あまり良いイメージがない。

 本当に不必要なカタカナ言葉は、上の天声人語文中から例をとるならば、スクリーニング(選別)、コンセンサス(合意)の2つである。このように「何ら特別な言葉でなく、しかもちゃんとした日本語があるのにそれを使わずに、カッコつけて横文字言葉を使う」というのをなくしてもらいたい。アメニティ(心地よさ)、コミットする(関与する)、などもこの類であろう。
 この手の類の無意味なカタカナ言葉を氾濫させたのは、決してメディアではなく、むしろインテリを自認する官僚・財界のお偉方だったのではないか。そういった反省なしで、国立国語研究所などというこれまた国家機関に属するところが、言葉狩り的なガイドラインを出しても誰もついていくまい。

 独擅場(どくせんじょう)が独壇場(どくだんじょう)でもOKになってしまうのが、言葉の世界なのである。使っている人が多くてそれで通じれば、記号としての言葉の役割は果たされるのだ。「きちんとした日本語を使おう」と言うならば、それを国家機関が率先して実行するだけでよいのである。


opinion-frameへ