2005年日本は人口減少

05.12.23記

 大変だ!という雰囲気を政府は盛り上げたいようだが、本当にそうか? 私は逆に「実にめでたい」と思っているのである。
 今年私は「子どもが減って何が悪いか!」(赤川 学、ちくま新書)を読んで溜飲を下げた。詳しくはその本の紹介ページを御覧いただきたい。
 そもそも環境問題・食糧問題・エネルギー問題などなど、どれも「人口の増加」が諸悪の根元であることは明らかである。だとするならば、この狭い国土に1億3千万も暮らす世界第2位の経済大国日本が人口減少、というのは実に慶賀すべきことではないか!
 経済成長がどうのこうのと言っている政治家もいるが、そもそもこれ以上成長してどうするのだ。中国やインドのめざましい成長ぶりに刺激されてのことだろうが、これらの国だって、10億以上の国民をどうやってバランスよく豊かにしていくのか、これは大問題のはずだ。日本は、これから成熟・老成していくべきなのである。
 若年労働者が少なくなって年金が大変だ、などと言う前に、中高年労働者をもっと上手く活用すればよいのだ。労働時間の短縮などで皆が無理なく働ける社会づくりをもっとも真面目に考えればよいのである。(もちろん年金その他厚生労働省・社会保険庁がらみのいろいろな腹立だしいムダ使いはまた別件である。)
 私はいつもこの問題を授業(政治経済)で扱う時に言うのだが、大人たちが本当に幸せに生きている実感が持てないロクでもない社会に、どうして子どもを残す気になれるだろうか。この根本を何とかしない限り、子育て支援もへったくれもないのである。
 もちろん、「子どもが欲しい」という思いがある人は、何もなくても子どもをつくるだろう。それはそれでよい。私がそう思わないだけであり、そのことに対しては周囲の誰からも非難されるいわれはない。


opinion-frameへ