イラクにおける日本人ジャーナリスト殺害事件について

2004.5.30記

 イラクで日本人ジャーナリストが殺された。バグダッド近郊の幹線道路で、米軍の検問を受けた直後に、彼らを日本人と確認した犯人たちが狙い撃ちしたものである。

 これに対する日本国内の反応は、明らかに先の人質事件とは違う。その理由は、被害者が殺害されたこと、さらにその被害者が「信念を持って覚悟してやっている」(「報道ステーション」に4月末に出演した橋田さんの発言)と言っていたこと、そして遺族も本人の意志を理解して気丈に振る舞っていること、などいろいろあろう。名の通った戦場ジャーナリストであったことから、先の人質事件でバッシングしていた一部メディアも、その類の報道はしていないようだ。もっとも日テレは、橋田さんの82歳になる母親に登場願って、親の口から無念の言葉を吐かせているあたり、「この親不孝者め」という視点での報道かと勘ぐりたくなるところもある。

 まぁ、何にせよ、死人が「税金の無駄遣い」をさせることもないわけだから、人質事件の時のようなバッシングのネタもないわけだ。しかしよく考えてみれば、死人に対してよりも、生きている人のために税金を使うのは当たり前ではないか。
 それに、税金の使い方を批判するということは、すなわち政治のあり方全体を批判するということである。だから、先の人質事件や今回の狙撃事件のようなことが起こるに至った日本政府の外交そのものを批判する、という視点こそが重要であるはずだ。

 何度でも繰り返し書くが、このイラク戦争そのものがアメリカによる不当な侵略戦争なのであり、それに追随する日本も侵略国なのである。だから、イラク国内に日本人に対してテロ行為を働く者を出現させてしまった日本政府=小泉内閣の政治責任をとことん追求すべきなのである。

 今年はアメリカの大統領選挙の年である。すでに私は、ブッシュを「アメリカ史上最悪の大統領」と評価している。彼が登場したことでテロ・アフガン・イラクと続いているわけだから、当然の評価である。(就任直後の水産高校実習船事件もあった。)それをまた再選させるようなことがあれば、アメリカ国民全体が「イカれている」という判断を下しても差し支えあるまい。
 小泉純一郎も、ブッシュ就任直後に首相となり、ほぼ同時代を国のトップとしてやってきた。その時代を我々がどう評価するかが問題なのである。今のところ彼の加点要素は、北朝鮮による拉致被害者を帰国させたことぐらいしかあるまい。


opinion-frameへ