イラク問題2つ

アメリカ軍によるイラク人虐待について

2004.5.8記

 これについては、別に驚くにはあたらない。何しろ「鬼畜米英」なのだから、こういうことがないわけがないのである。
 なお、アメリカ軍はこれを兵士各個人の問題として処理、すなわち写真に写った兵士を個別に処罰する、というトカゲのしっぽ切りですまそうとしている。それに対して、当の兵士の家族はそれを非難し「彼女は上官の命令に従っただけだ」と言う。
 全く同じことを、太平洋戦争後に、日本のBC級戦犯とされた兵士たちが主張したが、全く連合軍には聞き入れられなかった。
 こうして歴史は繰り返すのである。
 そこから得られる教訓は何か。それは、軍隊の存在そのものが人道・国際法・自然法・人権思想に反するものである、ということである。そのことを忘れて威勢のよい=物騒なことを主張する人たちこそが「平和ボケ」なのである。

イラクにおける日本人ボランティア拘束事件をめぐる諸問題

2004.4.19記

 イラクで先に人質になっていた高遠さんら3人が帰国した。PTSDの危惧もあるということで記者会見には出なかった。それに対しても「説明責任だ」何だかんだとバッシングが激しい。(のち、だいぶたってから他の男性2人は記者会見を開いたが、高遠さんはむしろ救出後のバッシングのショックが大きくて無理とのことだった。)

 帰国の費用を出させるべきだ、そもそも税金の無駄遣いだ、北海道東京事務所も何で特定の個人のために働いているんだ...などなど聞くに堪えない。
 帰国のための本人の飛行機代を負担するのは当然である。しかしそれをもって「救出費用」などと言い立てること自体が不当なバッシングなのである。
 税金の無駄遣いなどというのはとんでもない話である。無駄なのは自衛隊の派遣費用のほうなのだ。

 外務省が、海外で心ならずも事故・事件にまきこまれた邦人を保護するために働くのは当然の責務である。
 そもそも、特定の個人のために云々を言うなら、北朝鮮に拉致された人たちも同様である。それを、今回の件についてのみ政府・与党関係者やその腰巾着メディアがバッシングしているのは、北朝鮮に拉致された人たちは政府にとって利用価値がある(まさにプロパガンダに利用している真っ最中)のに対し、イラクで人質になった人たちはいずれも、政府の意に添わない活動をしていると見なしているからである。

 しかし、こうなるともう問題は思想信条の自由に関わることである。
 人質となった人たちも日本国に税金を納めているのだから、今回のような場合には外務省がその人たちのために働くのは当然である。思想信条的に政府の意に添わない人たちのためにも不偏不党で働くのが、憲法で「全体の奉仕者」と定められた公務員の職務なのである。(だから、北海道東京事務所の人たちは、よく職責を全うされたというべきであろう。)

 それにしても、今回の人質事件に対する政府の対応を正しいと考える人が7割! などといったアンケート結果を聞くと、暗澹たる気持ちになる。
 そもそも、イラク戦争自体が起こってはならないことだったのであり、それを始めたアメリカに日本が追従していること自体も大間違いなのである。
 アンケートでは、自衛隊はイラク復興の役に立っている、というように考えている人が多いようだが果たしてそうか?
 イラク人の7割はシーア派イスラム教徒であり、彼らはアメリカの占領を望んでいない。アメリカ軍に協力する自衛隊も、招かれざる客と思われて当然であろう。
 彼らの多くは、「速やかに公正な選挙が実施されること」を望んでいる。それができるのは国連だけである。
 今回の自衛隊は、決して国連のPKO活動としてイラクに行っているわけではない。米軍の腰巾着で行っているだけなのだ。
 多くの人たちはそこのところを、「どっちでも一緒じゃん」と考えてしまっているのではないか?


opinion-frameへ