河上亮一「学校崩壊」を読んで


 私は、この本の学校と社会に関する現状分析には同意する。いわく、

 学校は勉強だけで評価するから生徒がおかしくなったのだ、という批判はあたらない。
むしろ今まで学校は、勉強以外の点でも生徒を評価しようと努めている。教会による宗教教育の伝統がない日本では、学校においてそうした面をしっかり担ってきた。

 学校教育は、「おとな文化の子供へのおしつけ」であり、本質的に暴力的・強制的なものである。そこではまず、教師と生徒の間に「教える者と教わる者」という上下関係がなくては成り立たない場なのである。ところが、「自由・人権」という言葉を誤って理解してしまった社会全体が「お子さま教」=何でも子供の好き勝手にさせる風潮になびき、そのため学校の存立基盤が破壊されてしまったのである。

 義務教育の期間の授業内容は、どうやっても面白くないのは当然である。基本練習ほどつまらないものはない。しかし、それを「我慢させて教え込む」のが小中学校の機能であるはずなのだ。

 世界中で高校への進学率100パーセントなどというバカなことをやっているのは日本だけである。無駄ですらある。金をつかって若者を高校に閉じこめて置いて、その上、ほとんどの高校生はダラーっとしているだけなのだから。

 こうした指摘は、社会の無理解・攻撃にさらされてきた多くの教師たちに全面的共感をもって迎えられるだろう。

 ただ、私はいくつかの点で著者とは意見を異にするところもある。以下それについて述べる。

 まず、
「“自分のため”という思想が、我慢せず好き勝手に生きようとする生徒を生み出したのだ。よって“自分のため”で押していくのは限界がある。“他人のため”に生きる意味を教える必要がある。」
という指摘に対して。
 これはちょっと飛躍しすぎていないか。確かに「自分のため」だけを強調するのはマズい。しかし、では「他人のため」を教えることができるか? 「それができれば苦労しない」という声が多くの教師からあがりそうである。
 やはり、「権利は公共の福祉に反しない限り認められる」という憲法の条文の意味をハッキリさせるのがせいいっぱいであろう。だから他人の勉強する権利を妨害するような生徒は断固排除すべきである。しかし、そこからさらにすすんで「他人のため」ということを教えるのは学校の領分外のことである、と私は考える。ボランティア活動の強制などもってのほかである。

 次に、
「学校を勉強中心にシフトしていくと、大多数の生徒はますます自信を失い学校は不安定となっていくだろう。」
という指摘に対して。
 これは著者が「学校はこれからも社会のルールなどを教えこむ役割を果たすべきである」と考えているから、そういう結論になるのである。言ってみれば中学校教師の著者と高校教師の私との立場の違いからくる見解の相違である。たしかに、義務教育期間では著者の言うとおりなのかも知れない。
 でも、私はやはり学校は「知育」をするところである、というスタンスを貫くべきであると考える。もう、ここまで崩壊が進んでしまった以上、「古き良き学校」の姿を追い求めるのは不可能である。
 ( もちろん、モラルのある生徒を集めることができた学校が、行事等を通して「心の教育」にまで手を広げることは良いことである。ただし、全ての学校にそうした「心の教育」を求めるのは酷であろう。 )

 著者は、「完全につぶしてしまったものを再建するのは容易ではない。よって古き良き学校のあり方を残す努力をするべきだ。」と主張されている。私も教師であるから、それはそれでよく理解できる。
 しかし私は、むしろ「学校という制度」はもうご破算にしてもよいのではないか、とも考えている。著者もそうした考えがあることは承知しており、それに対して「それならそれで、その先にどういう目算があるのか」と書かれている。
 しかし、本質的に「暴力的」であると著者も認めているような教育のあり方は、やはり長続きはしないのではないか。学校がすべてを投げ出してしまえば、改めてすべての親たちが、学校の果たしてきた役割を再認識するだろう。そのくらいの荒療治が必要なのではないか。

 私は、義務教育を「学校」に頼らずに行う権利をすべての親に保障するべきである、と考える。その上で、学校に「その保護する子女」を通わせる以上、こどもに集団教育のルールを守らせる義務を保護者に負わせるべきなのである。
 これは、GDPなどの数字とは裏腹にあまり豊かではない日本の多くの家庭に、相当な負担を強いることになるだろう。貧富の差によって子供が受けられる教育にも格差が出てしまう、との指摘もあろう。しかし、今だって既にその格差はあるのである。社会がそれを見ようとしていないだけである。
 学校に勤務する教師としては、そうした「平等神話」のツケをこれ以上まわされるのは真っ平ごめん、というのが私の偽らざる考えである。


2000.10追記

 上に著者の意見のうち、

  1. 「他人のため」に生きる意味を教える必要がある。
  2. 学校を勉強中心にシフトしていくのは良くない。

という2点には同意できない、と書いた。
 最近になって、やはり私は著者とは決定的に考え方が違うんだ、ということがハッキリする事件があった。それは、河上氏もメンバーに入っていた「教育改革国民会議」(座長は江崎玲於奈氏)が「学校教育において奉仕活動を義務化する」ということを答申したことである。
 既に平成15年度から実施される新しい学習指導要領においても、「特別活動」の中に「ボランティア活動」が入っているのだが、とにかく「奉仕活動を義務化する」などというのは馬鹿げているとしか言いようがない。こんなことで学校が良くなるはずがない。

 そもそも「学校教育」というものを国家的プロジェクトとして始めたのはナポレオンである。そして、その心はといえば「富国強兵」である。もちろんその背後にはフランス革命の精神である「自由・平等」の理念もあることはある。しかし、国家が制度としてこれを採用する際は富国強兵が第1目的なのである。
 日本も例外ではない。確かに明治維新に際して「学問のススメ」なる本がベストセラーになったりして、「自由・平等」の理念も加味されてはいるが、結局は富国強兵、さらには国民の精神を管理する手段として学校教育が利用されてきたのである。
 「日の丸・君が代」問題しかり。そして今度はなんら目的も見通しもハッキリしない「奉仕活動の義務化」である。こんな馬鹿げた事を言い出すことが「教育改革」だとはチャンチャラおかしい。いったい何をやらせるというのか!


2002.8追記

 先月、ボランティア活動(奉仕活動)を学校の単位にするという中教審の方針が出た。一時は「義務化」の声もあったが、なんとかそれは免れたようだ。
 入試で評価の対象にすることは既に各大学・短大などで実施されているので、その意味での弊害は既に起こっているといってもよい。
 しかし世論はすでに、「ゆとり教育」から「学力低下防止」のほうへ傾いている。「単位にする」だけなら、さして広まりはすまい。「義務化」でなくて本当によかった。


2004.11追記

 ついに、と言うべきか。東京都教育委員会は、都立高校で「奉仕活動」を必修科目にする、という方針を打ち出した。


opinion-frameへ