中国自動車道における中学1年少女監禁致死事件について


 これは、夜10時すぎに中学1年の少女が高速道路上で手錠をかけられた状態で車に轢かれて死亡した、という事件であった。事故にあう直前、高速を走る車の中から友人へ携帯で電話をしていたことから、少女は乗っていた車の中で手錠をかけられて、その状態で車外に落とされた、と推測された。(その後の容疑者の供述では、自らあばれたはずみで車外に落ちたという。)
 事件直後の頃は、少女の日頃の行動なども少しは報道されていた。(施設に入っていた云々といった報道もあったはずである。)それらの報道を視聴した人は誰でも、この少女の側にも相当な問題があることに気づいただろう。
 しかし1ヶ月半後、逮捕された容疑者は、中学校の教師(しかも休職中の)であった。その結果、メディアはこぞってお決まりの「学校教育問題」の報道一辺倒となってしまったのであった。


 2005年、ひょんなことから「無限回廊」なるサイトを発見した。過去のいろいろな事件についてまとめたものである。そこに、この事件も扱われている。それによれば、彼女は小5のころから公衆電話を使って援助交際を始めていたらしい。小6の時に姉とともに児童相談所に「家族と離れて暮らしたい」と申し出た。父親が虐待するからである。家族構成は、父(55)と母親(35)、姉(15)、妹(10)、弟(9)の6人家族。相談所もこれに応じて、施設に入居させている。しかし、事件の1ヶ月前7月に施設からも行方不明になる事件を起こしたが親に発見され、まもなく夏休みになり自宅に戻っている(7/20)。そして携帯電話を買い与えられた(7/21)。事件はその直後に起きている。
 また、加害者の教師についても記事が詳しい。しかし下の記述を書き換える必要性は全く感じない。唯一、この事件に関連して気の毒なのは、教師の車から飛び降りた彼女のことを轢いてしまい逃げた運転手が取り調べの休憩中に自殺してしまったことであろう。


2001.9記

 7月24日におきたこの事件の犯人と見られる男が9月8日に逮捕された。すでに、さまざまな事件が未解決のまま時間が過ぎていくことに慣れてしまっている昨今であるが、その中では比較的早く「逮捕」された部類だろう。そして、その容疑者が、「教育活動に悩み休職中の中学校教諭」だったということで、事件当初以上の波紋を引き起こしているようでもある。
 しかしここで、お決まりの学校教育批判に話が発展していくのを見て、事件当初に誰もがウスウス感じていたであろうことを、ここに憚ることなく書いておくことは意義があることと思う。

 すなわち、「この事件の犯人はどんな人物でもあり得た。」ということである。私は事件当初、犯人は暴走族かチンピラの未成年もしくは20代前半の2・3人組だろう、と予想していた。結果的にこれはハズレたわけだが、しかし、この事件にあわなくとも、この犠牲になった少女は今書いたような連中にヒドい目にあわされる可能性はきわめて高かったであろう。

 少女の遺族・関係者には「何てヒドいことを書くんだ!」と思われるかもしれないが、それを承知で書く。この事件の被害者は「全く罪もない可愛そうな少女」ではない。中学1年で携帯電話を持ち夜遊びをするイッパシの不良である。
 もちろん監禁致死の犯人が悪いことはいうまでもない。が、こういった事件にあっても全然不思議でないような生活をこの年齢でしてしまうようにこの少女を育てた家庭教育に最大の原因があったことは明らかである。
 よって、少女の父親が「(犯人は)うちの娘が中学生と知っていたのか?」などと語ったと新聞に書いてあっても、全く同情できない。そんなことを今言うのなら、なぜ娘が生きているうちに「中学生は中学生らしい生活をしなさい。」とシツケられなかったのか! 「後悔先に立たず」とはまさにこのことなのである。


opinion-frameへ