2005総選挙 小泉自民大勝

05.9.12記

 案の定、小泉の「思うつぼ」以上の結果となったようだ。与党で衆院の3分の2!とまでは自民党も考えていなかったであろう。
 私は、決して小泉内閣の支持者ではない。しかし、郵政民営化廃案→衆院解散・反対派非公認という一連の流れは、「政党は政策を同じくする者の集まり」という原則に照らすと、確かにわかりやすかった。少なくとも、小泉を党首にしておきながら、彼のもっともやりたい政策には反対だ、というのはスジが通らないし、郵政民営化反対の連中が「いままでずっと仲良くやってきたのに..」などという泣き言を垂れているのは大変みっともなかった。とにかく、自民党という仲間内でのなれ合いをやめて、選挙という審判を受けるという小泉の判断は、支持できるものであった。
 問題は、この事態をしっかり受け止めるべき国民側が、全く成熟していないということである。もちろん小泉首相は、そのことを見越して、間違いなくブームを起こせるだろうと踏んでの解散劇だったわけである。小泉のことを「郵政一本のしぼった選挙なんてやりやがって」と批判するのは間違いで、それに乗せられてしまった国民が大多数であるということが問題なのである。
 そして、それに全く太刀打ちできなかった民主党の弱さ!!。前回は“マニフェスト選挙”ということでそれなりの新しさを政治に吹き込むことができた。今回は、どの党もあたりまえのようにマニフェストを掲げていた。そうなると、国民はマニフェストの細部までよくよんで投票する、なんてことはしない。マニフェストを象徴するような短いスローガンを考えなければならない。共産党(確かな野党)・社民党(憲法第9条)がそれぞれ議席を維持・微増できたのに対し、民主党は「政権交代」を言うだけで何ら工夫がなかった。
 そもそも、民主党は菅直人・鳩山由紀夫・小沢一郎の3人があまりに違うカラーを持っているので、ウチの党はこれだ!と言えるような一本線を打ち出せないのであろう。この3人と比べると岡田代表はあまりに真っ白すぎて(TVのCMの背景)、よくわからないのである。もちろん自民党もいろいろごたまぜの党であるが、少なくとも現在は小泉1色で今回はさらにその色を濃くしてきたのだから、それは大変わかりやすい。しかし民主党を誰かの色で染めようとすると、分裂騒ぎが再燃しかねない。

 確定投票率は、12日夕方毎日新聞ニュースによると、小選挙区で67.51パーセントだったらしい。90年のリクルート選挙で73.31パーセントを記録して以来7割超えたことがなく、93年の非自民7党連立細川政権誕生の時でさえ67.26パーセント、以後小選挙区導入後は59.65、62.49、59.86と推移してきたことを考えれば、率としてはまあまあであろう。それにしても、同時に県知事選挙もあった茨城県がワースト第3位(64.46パーセント)というのはどういうこっちゃ? (ちなみに1位が沖縄62.35、2位が高知64.12)
 投票率が高くても、ノリで自民に入れに行った人の分だけ増えたということなら、しょーもないが、しかし、民主制のもとでは人々をノセるのも「徳」(ギリシア語でアレテー arete、イタリア語でヴィルトゥ virtu、英語でヴァーチュー virtue)のうちではある。
 亀井静香が「こんなマインドコントロールされていたんでは日本はダメになる」と言っていたが、確かにそれはその通りである。しかし、そのマインドコントロールを解く力がなかった人がそれを言っても、負け犬の遠吠えでしかなかろう。マインドコントロールされた国民が皆で不幸になっても、それは国民皆の責任である。ナチスドイツみたいに他国も不幸に巻き込むようでは申し訳ないが、小泉日本はせいぜい「ブッシュのポチ」どまりで、外交の影響力はたいしてない。まあ日本国民だけが不幸になるのは自業自得ですまされよう。
 ただ、少数派である賢い国民は、この国に子孫を残す気にはなれないだろう。かくして日本の少子化はとどまることはない。私も、自分の老後は心配だが、一方で不幸は自分1代限りでおしまい(今のところ独身で、子供なんて作る気にもなれない)、と割り切っているので、今回の小泉劇場は結構楽しめた。

追記
 比例区東京ブロックで自民党があまりに大勝しすぎて、比例名簿登載30人中23人が選挙区で当選、残り7人も比例で当選しなおもう1人当選させられるところ、もう人がいないので、その分が社民党の貴重な1議席にまわされた。これは公選法の規定に従ってのものである。自民党への票が社民党に1議席プレゼントということになったわけで、おかしな結果ではあるが、しかしこれは自民党の笑い話的ミスでしかない。
 ここで問題にしたいのは、この件に対して12日夕方のフジTVで木村太郎が、「だから比例ってのはおかしいんですよ。重複も含めてね。全部小選挙区にするのがいい」というような発言をしたことだ。まぁ、ニュース番組の選挙に関するコーナーの最後の10秒ぐらいのところでの、軽い発言だったのだろうが、それだけに彼の考えが大変よくわかる場面であった。
 民主政治の基本が、「多数決原理と少数意見尊重」という二本立てであることを考えれば、おかしいのは小選挙区制のほうであって、正しいのは完全比例代表制なのに決まっている。(2つチャンポンでそこに重複などということをやるから、ますますおかしいのである。)
 そもそも、今回の選挙で自民党が480議席中296議席とったといっても、じゃあ61パーセントも得票率があったのか?! 全比例ブロックをざっと見て自民党は40パーセント弱ぐらいではないか。公明とあわせて50パーセントを超えるぐらいだろう。要するに自公の連立与党で過半数、という当初小泉が言っていた目標が妥当だったのであって、今回のバカ勝ちは小選挙区制の欠陥のあらわれであるとも言える。民主党は得票率30パーセントを超えているのだから144議席(実際は113)。ましてや共産党はコツコツと約7パーセントかき集めて本来なら33議席ぐらい獲得してもよいはずのところ、たった9議席である。共産9・社民7というのは、議場ではたったの3パーセントの存在でしかないが、本当はその背後に全有権者の約15パーセントの支持者がいる、ということなのだ。
 そんな高校「政治経済」の基本中の基本、「小選挙区制は死票が多いという欠点がある」ということを無視して、上記のような暴言を吐くのが木村太郎という人物なのだ。「いや、本当は重複がおかしいと言いたかったんだ」という弁護や言い訳は通用しない。もしそう思っているなら「だから比例ってのは..」ではなく「だから重複ってのは..」と言い始めるはずである。


郵政民営化廃案・衆院解散後の追記

05.8.8記

 本日午後、参議院で郵政民営化法案は自民党からの造反が多数でて否決された。それを受け小泉首相は夜、衆議院の解散に踏み切った。
 その一連のTVニュースを見た後、私は夕飯を食べに近くの中華料理屋に行き、普通の新聞が休刊日だったので前日のサッカー日韓戦の記事を見るべくスポーツ紙を読んだ。そして、ついでに政治面も見てみると「田中真紀子のダンナが同法案に反対する予定」との記事があり、その中に驚くべき記述が載っていた。
 真紀子の父親である田中角栄は、郵政大臣だった1957年に「特定郵便局2万局構想」を打ち出し、その結果当時1000局ぐらいしかなかった特定郵便局は現在1万8千局ある、というのだ。ほとんどの特定郵便局は、決して、下の局長さんのページに引用された司馬遼太郎の本にあるようないきさつでできたのではなく、最初から自民党の集票マシンとしてつくられたのである。だから、特定郵便局がなくなると過疎地が困る、という議論は成り立たない。決して不便ではない住宅地にだって「え?こんなところに郵便局があるの?」というのが多いのだ。やはり郵便局そのものがある程度リストラの対象になるのは当然と言えよう。

 私は小泉首相や自民党の支持者ではない。首相が靖国神社に参拝したり、ブッシュの腰巾着をやっているのにも反感を持っている。
 しかし、自民党が「小泉は人気があるから」ということで都合良く党首に据え続けているくせに、彼の持論である郵政民営化には最後までダダをこねて党内抗争をやっていたのにはあきれてものが言えない。小泉を党首にしたまま彼の政策には反対、というのは政党としておかしかろう。その意味で、小泉首相が「廃案なら衆院解散」と強硬な態度を貫いたのは当然だ、と考える。
 造反派はただちに自民党を離党して新党を作るなりなんなりすべきであろう。それが政治というものである。「政治空白をつくるべきではない」などといかにも国民のため、というような顔をして言っているが、それはおかしい。国民の側から見れば、今までの自民党の状況が国民不在なのであり、解散総選挙となってようやく選択権が国民の側に回ってきたのである。小泉を支持する人は自民党に投票すればいいし、造反議員を支持するものはそうすればよい。野党支持者にとっても同様である。国民にとってはここからが「政治」なのである。これを「政治空白」などと呼ぶのは、政治を国民から離れたところでやりたい政治屋だけである。

郵政民営化について思うこと

05.8.5記

 本日、夕方に参議院の委員会での採決を前にした討議を、午後少しテレビで視聴してみた。その後、インターネットで「特定郵便局」をキーワードに検索し、千葉県の印旛沼近くの特定郵便局の局長さんがつくっているページを見つけた。よく研究され、それをわかりやすくまとめているページである。この方が自分の仕事に誇りをもってつとめておられることもよくわかった。

 しかし、私はまさにこの特定郵便局なるものの存在、およびその局長たちで構成されている団体が事実上自由民主党の集票マシンとして機能しているということを理由に、郵政民営化に賛成なのである。
 もちろん、郵便局を完全に民営化したからといって、財政的に「小さな政府」が実現できる、というような生やさしいものではないことぐらいわかっている。しかし、自民党政権自身が、族議員をいっぱいかかえたジャンルに手を付けようと言うのだから、むしろ野党はこれ幸いと民営化に賛成したら如何か、とすら思う。
 ところで、保守政党の支持基盤といえば何と言っても農業であるが、こんな記事も毎日新聞に出ているようだ。

農協改革:農林族5議員が小泉首相に撤回申し入れ

 「郵政改革と一緒に農協分割をやるなら、郵政民営化関連法案の本会議採決で、堂々と青札(反対票)を持って壇上に上がる」−−。参院自民党の国井正幸参院議員ら農林族5議員が3日、首相官邸を訪ね、政府の規制改革・民間開放推進会議が検討している農協改革を撤回するよう小泉純一郎首相に申し入れた。
 推進会議が検討している中間取りまとめは、農協について部門ごとの独立採算制や組織分割などの合理化を盛り込んでいる。「農協を分割するなら、郵政民営化に賛成できない」と迫る国井氏らに、小泉首相は「郵政と農協は別だ。郵政民営化に協力してほしい」と低姿勢で応じ、反対派の広がり阻止に努めた。

 確かに今の状況は「国民不在の政争」ということなんだろうが、私はこれが「現代衆愚政治の典型的姿」なのであって、別に驚きもしない。
 むしろ、今日の委員会では、何を自分のバックボーンにして質疑しているのかよくわからない民主党の議員よりも、いかにも学者らしく熱くならずに理路整然と答弁する竹中大臣、およびこれと対照的に熱く自説を語る小泉首相のほうに共感してしまった。
 民主党の議員は、過疎地のサービス低下の問題などを取り上げていたが、それは私にはこの問題のネックとは思えない。むしろ「コンビニとのタイアップ」という宅配便業者の企業努力に郵パックが割り込んできた際には、私も「頑張れクロネコヤマト」と応援したくなったぐらいである。金融サービス面だって、むしろ郵便局の存在が、中小金融機関のチャンスを奪ってきた側面があるのではないか?

 上記の局長さんのページは、特定郵便局制度の由来として、司馬遼太郎の「このくにのかたち」を引用して解説している。それによれば、特定郵便局というのは、前島密が旧・庄屋(名主)層をうまくとりこむ秘策としてできたものらしい。そのことを司馬遼太郎は、「当然ながらこれによって、郵便事業に参加した旧名主(庄屋)層は、新政府からもそれにふさわしい礼遇をうけたとして、犠牲を覚悟して参加した。名主(庄屋)というのは、江戸期でもっとも公共精神のつよかった層なのである。」などと礼賛して書いている。司馬遼太郎はこのような「昔の人はノブリス・オブリージェ(仏、noblesse oblige、身分に伴う道徳上の義務観念)があった」という話は大好きそうだからしゃあないけど。でも、これって要するに大地主らが地元で名士面をしていたっていうだけの話ではないか。
 そして、現在の特定郵便局長の採用基準も、「特定郵便局を運営する経営管理能力を有し、且つ地域住民の信望を担いうる人材」といっているけど、要するに、上記局長さんのページにもあるとおり、第一に「局舎提供〜 その地域に私設で局舎を提供する」というのがあるわけで、これって要するに国家公務員の地位を財産があるという理由で手に入れられるってことでしょ。そういう人たちが圧力団体を形成し、保守政党の集票マシンとなっているという、現代における事実そのものが問題とされなくてはならないわけで、そこには「ノブリス・オブリージェ」もへったくれもないのである。


opinion-frameへ