関連問題− 中国副首相の小泉首相との会談ドタキャン帰国 −

05.5.25記

 まぁ、これについては「やれやれ」というか「どっちもどっちだなぁ」としか言いようがない。
 先に、暴動直後といって良い時期に小泉首相が訪中した祭に、全く暴動について謝罪もしなかった中国。一方、中国副首相が来日中に、靖国神社に関して中国側の神経を逆なでするような発言を繰り返した日本政府高官。それに対して大国のメンツが立たないと感じたか、副首相の突然の帰国。
 ここまでくると、もう日中友好なんてタテマエに過ぎないと思わざるを得ない。ただ、この2ヶ月にわたる一連の出来事だけとってみれば、中国の傍若無人とも言うべき大国のエゴ丸出しの振る舞いのほうが、よりみっともないと言わざるを得ない。

 要するに、靖国参拝をする小泉が首相のうちは、中国側としては日中友好をすすめる気はないし話もしたくない、ということなのだろう。それはそれで多いに結構だし、私も「中国とすれば当然だろう」と理解する。そうならば、はじめから中国側も副首相を訪日なんてさせなければよかったのである。ニコニコやって来ておいて、最後がこれでは意味があるまい。

 同じ事は小泉にも言える。靖国参拝が日韓の神経を逆なでする問題だ、ということをわかっていながら、参拝する。しかし、口では日中・日韓友好を口にする。その2つが両立しないことを理解できない小泉には、日中・日韓友好を口にする資格はあるまい。彼は、それとこれは別問題だと主張し続けているが、それがエゴだと本当に理解できていないのか、それともエゴを承知で中国・韓国側に強引に認めさせようとしているのか。どっちにしても小泉がバカであることにはかわりはないが。


中国・韓国での反日運動について

05.4.18記

 ここのところ、中国・韓国での反日運動がすさまじい。特に中国のは手がつけられないほどに暴徒化している。
 そもそもは、3月に韓国が島根県の「竹島の日」条例制定に対して、強硬な態度をとったことが発端である。それに呼応するかのように、中国側も尖閣諸島の問題を持ち出してきた。

 さてこの書き方だと、日本側は何も悪くない、という主張を展開する文章かと思われるかもしれないが、そうではない。「遠因」を述べはじめたら韓国併合・十五年戦争までいってしまうわけで、それはそれで日本に原因があることは言うまでもない。また、「つくる会」の教科書問題や、首相の靖国参拝だって日本側に大いに非があることは確かである。

 上2つの領土問題については、調べてみた限り「今までハッキリとさせたことがなかった」ということが最大の問題なのである。ここでの本題ではないので、手短にすませるが、私自身は、次のように考える。要するに日本は、1945年にポツダム宣言を受諾して無条件降伏したわけであるから、その宣言にもりこまれた領土以外は領有権を放棄させられたと考えるべきである。それをもう一度日本領として回復したいなら、それなりの外交的手続きを踏まなければならない。しかし、それをしていないのだから、何を言ってもしょうがない。以上である。
 さらに付記。日本は無条件降伏をしたのではない、という人がいる。それはポツダム宣言の条文そのものが様々な条件を述べているからだ。無条件降伏したのは同宣言第13条にあるように「日本国軍隊」なのであって、日本国が無条件降伏したのではない、というのである。まあ、それならそれでも良い。しかし、ポツダム宣言のいう条件をのんで降伏したのなら、結局は「日本国の主権は本州・北海道・九州及び四国ならびに吾ら(米英中)の決定する諸小島に限定せらるべし」ということで、上の2つの島々は日本が放棄させられたことには変わりはない。

 ただし、今回の反日暴動は、こういった問題とはほとんど全く関係なく、トンデモナイ事件である。そのことをここでハッキリと批判したいのである。
 なぜ、そう言い切れるか、と言えば、話は簡単である。上記のような日本に非がある点は何も今に始まった話ではなく、以前からあったことである。もちろんそれはそれで、韓国・中国の人々にとっては大変不愉快ではあったろう。しかし、それで両国の人々が、このような理性を失ったような行動をのべつまくなしに行ってよいという理由にはなるまい。そして実際にそんなことは滅多に起こらなかったのである。
 こういった出来事が起こるのは、それらの国内に何らかの「別の火種」があるからである。
 韓国でなぜ急にこんなことになったのかは、あまりよくわからないが、日本が北朝鮮による拉致問題で活発に運動しているのに、日本以上に拉致被害者が多い韓国では政府があまり積極的に北朝鮮に対してアクションをおこさない、といったことが一つの要因としてあるのではないか?そこへ日本の自治体が、領土問題を刺激するような条例を制定した。そこで、韓国大統領は、これに対して強硬に反発する態度を見せ、韓国民の自分への批判を「いつもの悪役日本」にすり替えた。まぁ、こんなところあろう。世界史を勉強していれば、歴史上しょっちゅうあった「国内問題の対外問題へのすり替え」である。

 中国は、韓国よりもかなり根が深い。
 まず、この背景には中国政府の思惑があることは明らかである。
 1つは、東シナ海海底の地下資源開発を中国に有利なように運ぶために、領土・領海問題で日本を批判する。
 もう1つは、日本が国連常任理事国入りをめざすことに反対だ、ということ。
 この2点で中国政府が国民世論の支持を得るには、今回の反日運動の盛り上がりは大いに利用価値があったはずである。
 しかし、一方で、北京五輪を控えるこの時期に、この暴動は中国政府の威信を傷つけることにもなる。中国政府が、反日運動がここまでひどい状況になることを予想していなかったとすれば、それは明らかな政治判断のミスであろう。その前兆は、サッカーのアジア大会でも見られたことだし、予想できなかったとは言わせない。中国政府はほとんど確信犯的に、デモの暴徒化を黙認したのである。

 その反日暴動に参加している中国人は、たいてい20代の若者である。それだけで、「1920年代の悲惨な経済状態の中で教育を受け大人になったドイツ人の若者が、1932年の選挙でナチスを第1党に押し上げる原動力になったのだ」とい先例を思い出す。彼らは、1989年の天安門事件以後に教育を受けた世代である。真面目な民主化運動を力でつぶした共産党政権が、「経済発展」というアメを舐めさせながら、一方でしっかりと洗脳した世代である。だから、なんと「愛国無罪」などというスローガンを掲げている。中国人が考え出した漢字4字のスローガンの中では史上最悪のものと言えよう。

 私は愛国心をめぐる問題について、別に文章を書いたことがある。(→「愛国心教育」「歴史教育の重要性」)
 私は「愛国心」という言葉が大嫌いである。なぜなら、この言葉が持ち出されるとたいていの人が理性を失った行動に走りがちだからである。彼らは、人間のことを国家という枠組みで十把一絡げにして論じ批判し攻撃する。そうなると、もう理性に基づく対話などできなくなってしまう。そういう人とはまともに応対できないので、しばらく放っておくしかない。今、私は中国で起きている出来事については、そう考えている。

 日本の町村外相が17・18日に中国外相・前外相と会談したが、中国外相は謝罪せずに、歴史認識に関する日本の非をあげつらうだけだった。まあ、これは想定の範囲内のことである。ここで中国側の非を認めたら、たちまち国民の矛先は共産党政府に向かうおそれがあるからである。
 テレビ画面に映るデモ隊は、不思議なことに実況している日本人記者に対して向かってこない。本当に日本と日本人を攻撃しているのなら、彼らは無傷ではいられないはずである。なのに、日本のテレビ・カメラの前で、中国人デモ参加者はまるでパフォーマンスを見せているかのように振る舞っている。どこかのチャンネルで、パネラーが言っていたとおり、基本的に彼らは「政治なんてどうでもよい」という若者らしい。だから、暴動の矛先は別に日本でなくても良いのである。

 さて、そうなると、日本政府の態度は、どうあるべきか。外相会談が無意味だったことは明らかである。もっとも堂々とした態度は、「こんなことは断じて許さない。中国側が謝罪するまで、日本政府は一切コンタクトをとらない」と言明することではないか。とにかくこの暴動に関しては、相手がまともに応対できる状態でないのだから、しばらく放っておくしかあるまい。
 しかし、言うべきことはまとめて宣言しておくべきである。私は尖閣諸島に関しては特にこだわらないが、東シナ海の経済水域の境界に関しては、中国側の主張するラインがあまりに利己的すぎると思うので、これについてはハッキリと宣言しておくべきであろう(もちろん天然ガス開発に関しても)。
 また、こういう暴動に対して謝罪もせず、毅然とした対応ができないようでは、今後の日中関係悪化は当然として、中国の国際的評判はガタ落ちになることも、ハッキリと宣言してやるべきである。

 宣言して、あとは放っておく。これが現在可能な大人の対応であろう。とにかく、少なくとも五四運動記念日が過ぎるまでは、中国政府がまともな話相手になる気配はなさそうだ。これが一党独裁政府の限界なのだ。早くそのことをもう一度中国の若い人たちが勉強しなおしてくれるのを待つしかあるまい。

追記。
 その後、小泉首相が中国首脳と会談した。そこで小泉は何と下手に出て「日本の過去を反省する」発言をする一方、今回の暴動について中国側を批判することはしなかったようだ。
 どうもこの人の感覚にはついていけない。
 自らの歴史認識を反省して、以後は靖国参拝をしないというなら、それはそれで大いに結構である。でもそのつもりはないのであろう。それでは、「行動で示せ」と中国側が言うのも無理はない、ということになってしまうではないか。
 今回だけは、そんな心にもないことは言わずに中国側をキッチリ批判してくるか、さもなければいちいちトップ会談などしないか、どちらかにしておけばよかったのである。


opinion-frameへ