日本思想関連の本

丸山眞男の本


「戦争と知識人」を読む − 戦後日本思想の原点 −

加藤周一、凡人会。青木書店。
加藤周一の論文「戦争と知識人」の初出は、「近代日本思想史講座」(筑摩書房)の第4巻「知識人の生成と役割」1959年9月である。凡人会とは、1994年に発足した「現代史勉強会」を前身に1997年10月に発足した東京の5〜8人のメンバーからなる市民の勉強会である。彼らが、加藤を招いて1997年12月13日に行った勉強会の記録がこの本である。
内容は、第1部が「戦争と知識人」全文、第2部が当日加藤が初めに話した「戦争と知識人」の補注、第3部が凡人会メンバーによる事前勉強ノート、第4部が加藤と凡人会との質疑応答である。

『弱者』とはだれか

小浜逸郎。PHP新書。1999年。

  1. 「言いにくさ」の由来
    「弱者」というカテゴリー、個別性への鈍感さ、出生前診断をめぐって、「五体不満足」をめぐって
  2. 「弱者」聖化のからくり
    建て前平等主義、部落差別をめぐって(「しるし」を持たない差別、変わりつつある実態、行きすぎた優遇措置、「差別」の観念化、など)
  3. 「弱者」聖化を超克するには
    共同体の相対化(被差別者でなければ差別者か、経験と感覚に問い尋ねよ、他)、言葉狩りと自主規制問題(マスコミのおびえ、筒井断筆問題、「ちびくろサンボ」はいつ差別的とされたか、表現の必然性を自覚せよ、他)
  4. ボクもワタシも「弱者」
    既成概念の見直し、新しい「弱者」問題(差別と蔑視は同じではない、ミスコンは差別か、他)

差別問題に対する社会の対応の仕方への違和感から、この言いにくい問題に正面から向かい合った、考えさせられる本ではある。
しかし、各問題についての著者の見解に対しても、それ以上に違和感を覚える。
たとえば、非人に関する歴史研究に対して「史実の見直しはそれ自体必要だろうし、一定の意義も否定できないが、だからどうしたの、といいたいところがあるのだ。」(p.119)として、「学者たちの道徳的心情の自己満足」(p.120)と切り捨てるあたり、著者の独善的傾向があきらかである。この段は、網野善彦氏の研究も批判対象に入っていることがわかる書き方なのだが、このジャンルの研究はもともと、差別問題に対する「学者の道徳的心情」からなされているものではないのである。一方p.185では、いわゆる差別語について、「なぜそういうニュアンスを持つようになったのか、その歴史上の由来について」考察する必要があるなどといっている。これとても、「今ある差別をなくすことにつながるのか、その道筋がよくわからない」(p.119)という点では同じではないか。
こういう著者の文章の独善的傾向に反発を持ってしまうと、どうしようもなくなるのだが、しかし、「言いにくさの由来」という問いの建て方は重要だと思う。

「甘え」の構造

土居健郎。弘文堂。

期待と回想(上・下)

鶴見俊輔。晶文社。
「私は不良少年だった…。私の流儀は悪人の生きる哲学なんです」戦後日本を代表する哲学者が、七十余年にわたる自らの思索の軌跡を語りあかした。
著名な父(鶴見祐輔)と厳しい母(後藤新平の娘)との葛藤。16歳で留学したハーヴァード大学での最先端哲学プラグマティズムとの出会い。戦後の「思想の科学」「声なき声」「べ平連」などの活動。桑原武夫、丸山真男、吉本隆明らとの知られざるエピソード。さらに、読書の醍醐味、漫画の魅力編集や書評について…。


近代思想

 このジャンルは、私が高校で「倫理」の受験指導を担当するようになって、一番困難を感じてきたところである。結局、一人一人に対して単発的な解説しかできない。まぁ、高校生本人が受験勉強するだけなら、単発知識でもよいかもしれないが、指導する立場からすると、もう少しこれら取り扱う人々(学者・文化人)相互の歴史的関連づけができないものか、と思う。結局、そうなると丸山眞男頼みということになる。

私の個人主義

夏目漱石。講談社学術文庫。
漱石は、もちろん「文豪」であるが、この本は一般大衆に対して行われた講演のそのままの記録である。
よって、話が前後・脱線したりもしているが、内容はわかりやすく、語り口も上手である。(これが日常生活では神経質だったという漱石とは思えない。)
「私の個人主義」(1914)、「現代日本の開化」(1912)、「道楽と職業」「中味と形式」「文芸と道徳」の5講演を収録している。

・・・・国家的道徳というものは、個人的道徳に比べるとずっと段の低いもののように思える・・・。だから国家の平穏な時には、徳義心の高い個人主義にやはり重きを置く方が、私にはどうしても当然のように思われます。(私の個人主義)

もちろん、彼の言う個人主義とは、エゴイズムではなく「他者を尊重しながら、他者とは異なる自己の生き方を貫くこと」という意味である。
「しかし、時代の趨勢が国家主義的方向に流れていく中で、彼は「則天去私」という東洋的無我の境地へと向かったのである...」というのがお決まりの解説だ。ところが、実際はこの漱石のトレードマークになっている「則天去私」ということを、彼自身が特に取り立てて述べたことはないらしい。

武士道

新渡戸稲造。岩波文庫。矢内原忠雄訳。
彼が5千円札の肖像になった時は、これ誰?という感じだったが、高校の「倫理」には必ず出てくる。
1877年、札幌農学校入学。同期の内村鑑三とともにキリスト教入信。
1883年、東大入学。翌年中退し渡米。・・・・“太平洋の架け橋”
1887年、ドイツ留学(ボン大学)で農政学研究。
1891年、米国女性と結婚、帰国し札幌農学校教授。97年退官し静養。
1901年 台湾総督府民政部殖産局長就任。(児玉源太郎台湾総督、後藤新平民政長官)
1906年 第一高等学校長に就任。東京帝国大学農学部教授兼任。
1920年 国際連盟事務次長に就任。
1926年 国際連盟事務次長を退任。貴族院議員に。
1933年、アメリカ大陸講演中、カナダで死去

 この「武士道」は、1899年静養でアメリカ滞在中にまず英文で書かれた。(「BUSHIDO, THE SOUL of JAPAN」)
「日本は支配的宗教なくして道徳はどうしているのか」と問われて、「日本には武士道がある」と書いたもので、これを欧米人にわかりやすくするため、東西の様々な思想と比較しながら、日本の道徳(というより国民性)をいろいろな角度から叙述したわけである。
 名著とされている古典ではあるが、誤解をおそれずに書けば、私にはどうにも納得がいかない書きぶりである。日本的思考を何でもかでも「武士道」と結びつけ、無理矢理「武士道」を体系化した、という印象である。まあ、とにかく、漱石が上の講演で「浪漫的道徳の時代は過ぎ去った」と喝破したのと比べてほしい。

新渡戸稲造の人となりについては、この本とは離れて、また別の評価が必要であろう。
私は、星新一の父に関する著作から、後藤新平、新渡戸稲造、そして鶴見俊輔といった人たちに興味をもったのである。

学問のすすめ

福沢諭吉。岩波文庫。
1872(明治5)〜1876(同9)年にかけて17編に分けて発表されたものを1880(明治13)年にまとめたものである。
内容は決して「学問のすすめ」ではない。各編につけられた題名を下に列挙し、その出版年月も記す。

  • 第1編 人は同等なる事 1872.2
  • 第2編 国は同等なる事 1873.11
  • 第3編 一身独立して一国独立する事 1873.12
  • 第4編 学者の職分を論ず 1874.1
  • 第5編 明治七年一月一日の詞 1874.1
  • 第6編 国法の尊きを論ず 1874.1
  • 第7編 国民の職分を論ず 1874.3
  • 第8編 我心をもって他人の身を制すべからず 1874.4
  • 第9編 学問の旨を二様に記して中津の旧友に贈る文 1874.5
  • 第10編 前編の続 中津の旧友に贈る 1874.6
  • 第11編 名分をもって偽君子を生ずるの論 1874.7
  • 第12編 演説の法を勧むるの説
          人の品行は高尚ならざるべからずの論 1874.12
  • 第13編 怨望の人間に害あるを論ず 1874.12
  • 第14編 心の棚卸 世話の字の義 1875.3
  • 第15編 事物を疑って取捨を断ずる事 1876.7
  • 第16編 手近く独立を守る事
          心事と働きとを相当すべきの論 1876.8
  • 第17編 人望論 1876.11

もちろん底に流れる思想は「学問のすすめ」として一貫しているのかもしれないが、とりあえず「随筆」のように1編1編独立したものとして読むべきなのだろう。
この文庫本を私は高校の時に入手し、どうやら全部読んだらしい(ちゃんと理解していたのか?)。全く覚えていないが古い赤鉛筆の跡がある。しかし、今、もう一度同じ本を読もうとすると、字が小さくて読みづらいことこの上ない。視力は悪くなっていないのだが、今は文庫本の字ももっと大きくなっている。高校の時に買ったそういう読みづらくなってしまった本を、今の版で買い直していくことも必要だ。「福翁自伝」もそうだし、下の「三酔人経綸問答」もそうである。どうせなら「文明論之概略」と同じワイド版にしよう。

文明論之概略

福沢諭吉。ワイド版岩波文庫。1874〜75年。
この本は面白い。丸山真男「『文明論之概略』を読む」を道しるべに読んでいる。
何より言葉の定義をハッキリさせながら論を展開していくその手法が、(内容はまた別にしても)、読者を納得させるのである。

 福沢諭吉という人物をどうとらえるか。上記のような啓蒙書を書いていることから、高校の「倫理」では日本における啓蒙思想という段落に登場する。しかし、一方で「脱亜論」(1885年3月16日「時事新報」社説)をめぐっては批判もある。一筋縄ではいかない人物だ。
 しかし、丸山眞男の福沢に関する著作・講演などをあつめた「福沢諭吉の哲学」(岩波文庫)を読んで、ようやく彼を理解する手がかりをつかめた気がする。

三酔人経綸問答

中江兆民。岩波文庫。明治20年。
「南海先生」のところへ「豪傑君」と「洋学紳士」がやってきて政治の議論をする、という内容。
これも、高校時代に先生から紹介されて入手し読んだ。これは高校生でも十分読める内容だ。

中江兆民といえば「日本史」の教科書では、ルソーの「社会契約論」の訳者、自由民権運動で活躍した人物(保安条例で追放、第1回選挙当選)として習う。これだと結構急進的人物のように見えるが、そうではない。自由民権運動の初期に直接に参加することはせず、その時期に「社会契約論」を訳したのは、そうした運動に理論的支柱を供給しようとしたのである。その後明治14年に、フランス留学で一緒だった西園寺公望を社長にして「東洋自由新聞」を創刊し彼自身は主筆となっている。(これは政府の弾圧を受け34号で廃刊。)やがて民権運動は急進的直接行動に走るようになり、明治17年自由党は自ら解散するが、兆民はこの中でほとんど政治活動をしていない。暴力的蜂起には反対して理論の精緻化を図ろうとし著作翻訳活動に専念していた。その中でこの本も書かれた。その直後、大同団結運動がおこり兆民はこれに参加するが、保安条例で東京から追放されたため大阪へ移った。憲法発布の特赦で東京に戻り第1回衆院選挙に当選するが、野党が団結できず政府予算案が成立すると辞表を提出してしまう。その後は実業家になるが失敗の連続。三国干渉に憤慨する一方、土地所有権・財産世襲権の撤廃を考慮せよと説いたり、普通選挙期成同盟会に入会したりしていた。


本のトップ・フレームに戻る