日本史に関する本


古代史については古田武彦氏のページへ

中世史 近世史
近・現代史 その他(伝記・自叙の類)

 近現代史については一言。決して藤岡信勝やその同類の輩の本を買ってはならない!彼らのような「自虐史観」批判などというアホなことを言っている輩は相手にする必要がない。奴らの本が書店の店頭に並んでいること自体が国辱ものなのだ。
 自国の戦争責任については口をつぐんだまま、どうして生徒に日本を誇りを持てるような授業ができようか。「教科書で教えない歴史」に載っている「日本の美談」に少しは真実が含まれているとしても、そういったことは戦争責任に関する授業時間を削ってまで教える価値はない。カリキュラムとはそうやって取捨選択して内容を厳選すべきものであり、まだまだ日本の戦争責任について充分なカリキュラムを組む時間がないことのほうが問題なのだ。
 この件について以前、メールである人と論争したことがある。彼は「時間がないのは教師の能力がないからだ」といったニュアンスのことを書いてきたのにはあきれてしまった。カリキュラム編成とはすなわち「限られた授業時間をどうやってやりくりするか」ということに尽きるのだ、ということを知らない連中とは話をしたくない。
 そういえば、もともと藤岡という男は歴史学者ではなく教育学者だったはずだ。そういう奴が「教科書で教えない歴史」などという本を書くこと自体、本業において失格であることは明らかである。


本のトップ・フレームに戻る