カレル・ヴァン・ウォルフレンの本


日本/権力構造の謎

早川書房。1990年。1988年の著作である。
私は、下の3冊を読んだ後に、これをハヤカワ文庫版(1994年)で入手した。
これには「日本語新版への序文」「日本語新版への結び」が新たに追加されている。
また、「差別問題と言論の自由をめぐって」という1990年10月30日に行われた部落解放同盟との公開討論会の模様を掲載した小冊子が挟み込まれている。このいきさつについては、次の「人間を幸福にしない日本というシステム」p.317にも書かれている。

人間を幸福にしない日本というシステム

毎日新聞社。1994年。
私はウォルフレン氏の本の中で、これを最初に読んだ。
「シカタガナイ」という言葉を辞書から追放しよう、と説く姿勢に共感できたので、他の本も読んでみようと思ったわけである。

支配者を支配せよ

毎日新聞社。1996年9月。
総選挙直前に刊行されたもの。前書の論旨の実践を呼び掛ける。
しかし、第5章「政治家を選ぶ」の項の末尾、

過去の金権政治には恩赦を与え、統治意欲のある政治家を選ぶべきだ。どんな政治家も汚職にまみれているのだから、メディアがコントロールする汚職事件は選ばれた「犠牲者」とって不公平だ。

というあたりは、やはり事実誤認のそしりを免れないであろう。
憲法についても言及があるが、それについては次項で。

なぜ日本人は日本を愛せないのか

毎日新聞社。1998年3月。
 「日本人が日本の政治の現状を改革できないのは、愛国心を持った人物が少ないからである」と言う。
 もちろん彼は、国家主義(ナショナリズム)と愛国心(ペイトリオッティズム)との違いを明示している。しかし、この言葉はやはり使うべきではなかった。鶴見俊輔氏のように「愛郷心」と訳してくれればまだしも、と思う。
 「人間を幸福にしない日本というシステム」以来、彼が説いてきた「もっと政治に関心を持とう」という呼びかけ自体は、民主主義国家ならば国を動かすのは国民なのだ、という至極あたりまえの原則である。しかし、その処方せんのキーワードに「愛国心」を持ち出されると、「?!」である。
 はっきり言ってしまえば、日本人は「愛国心」がないのではなく、「公徳心」がないだけなのである。何でここで「愛国心」などという言葉を持ち出そうと思われたのであろうか。不思議でならない。
 第2部「日本/歴史を持たない国」も問題だ。
 日本人の歴史観が被害者意識で凝り固まっている、という指摘は正しい。そこから「右翼の被害者意識」の中で、藤岡信勝らを批判するのも正しい。
 しかし、一方で彼らについて「なにほどかの見るべき真実を打ち出している。それは学問や評論の世界の一部エリートの、自虐的な大はしゃぎに激しくノーを突きつけているからだ」などとも書いている。アホか! 後ろの方で彼らが歴史の真実には興味がないようだ、とはっきり書いていながら、である。
 さらに、「左翼の被害者意識」という段落では、広島の資料館の展示や記念式典の行われかたを見ると「原爆が、歴史的文脈の中でとらえられてなく、途方もない災厄が全くだしぬけに広島を襲ったといわんばかりである」などとある。これほど不当な書き方もなかろう。
 原爆をキチンと日中十五年戦争からの歴史的文脈でとらえている人々はたくさんいる。そしてその人たちのことを、藤岡らは「自虐史観」と非難しているのであり、上記のようにウォルフレン氏自身もその尻馬にのって「自虐的な大はしゃぎ」などと書いているのだ。支離滅裂としか言いようがない。
 こうした首尾一貫しない態度は、第3部でも見られる。憲法第9条をめぐる論である。
 植木枝盛の憲法草案が「死刑は文明化された政治秩序にはそぐわないとして、政府が人命を奪うことを禁じていた」ことを評価する一方で、憲法第9条をめぐる部分では、「この条文は他国と同様の責任ある一人前のメンバーとして国際社会に参加するよう期待されている国にとっては、実現不可能なことを要求している。戦争を行う権利を放棄する国は、その主権の不可欠な要素をみずから放棄することになる。」などと書いている。
 これは明らかに矛盾している。国=政府に交戦権を認めるということは、政府の行う戦争によって国民の命が奪われることを認めることである、ということをウォルフレン氏は理解していないのだろうか
 憲法改正に関しても、「日本の憲法は毎日一貫して組織的に侵されている。よって人々にまじめに受け取られないものとなっている。・・・・国のすべての法律の真の礎となるような憲法ならば、社会から恣意性を追放してくれるものであり守るに値する。しかし今の日本の憲法は、恣意性を追放することができず、従って守るに値しない。・・・・支配者である役人たちは日本国憲法以前の古い法律に依拠して行政指導をおこなっている。」よって「真の愛国者たちによって、真剣な提案がなされ、責任をもって冷静に討議されれば、このテーマ(=憲法改正)は、日本には現在欠けているが民主国家には欠かせない民衆の公開討論(フォーラム)を生み出すかもしれないのだ。」などと書いている。
 しかし、そうであるなら、現在の日本の憲法にあっていない実態のほうを変えるべきなのであり、それができない国民にさらに重大事である憲法改正の議論などできるわけないのである、という至極あたりまえのことに、ウォルフレン氏は思い至らないようである。

 佐高信氏がどこかで、自衛隊に対するウォルフレン氏の認識の甘さなどを指摘して、「顔を洗って出直してこい」と書いていたが、全く同感である。


本のトップ・フレームに戻る