杉本良夫の本


1939年西宮生まれ。京都大学卒。ピッツバーグ大学で社会学博士。オーストラリアのラトローブ大学教授。


日本人をやめる方法

ちくま文庫。もとは1990年10月ほんの木から刊行。文庫化1993年。

「日本人」をやめられますか

朝日文庫。1996年。
もとは1988年に情報センター出版局から出た「進化しない日本人へ」を改訂・改題したもの。

オーストラリア − 多文化社会の選択 −

岩波新書。2000年刊。
以上のようなオーストラリアから日本を見た本を書いてきた著者が、最近のオーストラリア事情を報告したもの。
「共和制問題」についての裏事情、アボリジニ問題、都市と田舎の格差の問題など、「理想郷」のようなこの国が抱えている様々な問題についても詳しい。

もちろん2000年シドニー五輪ブームも念頭においての刊行で、私もそれで目についてこの本を入手した。
しかし、杉本氏はすでに1991年に、同じ岩波新書から「オーストラリア6000日」という本を出されている。現在は入手困難なこの本には、次のような節がある。(高校「倫理」の教科書の教師用指導資料に引用されている。)

マルチ・カルチュウリズムを、個人の次元で実行しようとすると、人は超自由主義者にならなければならない。あるいは、そのことが楽しみになる。全く異なる価値観やライフスタイルを学び入れるということは、自らの固定観念を喜んで壊す用意があるということである。第一に、この頃はどの国の人といっしょにいても、ゆったりした気分になる。・・・第二に、英語圏以外の国からこの地に落ち着いた定住者と対話することが楽しみになった。・・・・第三に、「よき国際人になるためには、まずすぐれた日本人でなければなりません」という言説の意味が、年ごとにわからなくなってきた。かつては、こういう主張を「なるほど」と思っていたのだが、近年はそうでもない。よくいわれる「日本人のアイデンティティ」という概念が、なかなか曲者だからである。具体的な場面に出くわしてみると、「日本人らしくふるまう」とか「日本的に考える」といった要件は、実は「日本を外国人によく見てもらいたい」という誘惑から自由でないことが多い。露骨な場合には、日本国や日本企業の利権を擁護したり拡張したりする作業を滑らかに進めるための煙幕として、「日本的思考構造」が交渉や取引の場で使われることもある。「日本的ナニナニ」といわれる現象が、よく考えてみると人類共通の事象であったり、日本以外の社会にもいくらでも見かける様式であったりする。何が本当に「日本的」なのかという問題は、多くの外国人たちとつき合えばつき合うほど、答えることが難しくなる。

そう!! 「よき国際人になる条件として、よき日本人である必要がある」という命題は、それが真であることが証明されていないのである。これは「国際人よりも日本人になってもらいたい」国粋主義者の考えた巧い言い回しにすぎない。


本のトップ・フレームに戻る