政治・官僚制・経済についての本


田中角栄研究 上・下

立花 隆。講談社。「文芸春秋」において田中角栄の金脈問題を追求した記録。
おそらくこれが、ジャーナリスト立花隆の名を一躍有名にしたものであったのだろう。この追求により田中は首相辞任、その後ロッキード事件で逮捕される。当時、私は小学生だった。

国会議員

上田耕一郎。平凡社新書。
著者は日本共産党副委員長(参議院議員を4期つとめ98年引退)。
共産党指導部の人が新日本出版社・大月書店以外からの一般新書を出すというのも前代未聞。
しかもこの新書創刊第1弾(1999.5)8冊のうちの1つである。

 内容としては、いろいろな意味で菅直人「大臣」(岩波新書)と対になるものである。
 たとえば、99年第145国会で成立した国会で官僚が答弁する「政府委員制度廃止」については、菅氏がそれを推進する立場なのに対して、上田氏は「大臣が答弁すべき時に答弁しないことが問題であるわけで、それを理由に政府委員制度を廃止するというのは本末転倒である。大臣相手では、知りませんの連発にとどまって、誤った行政を是正できない」(p.206-207)と書いている。このあたり、日本の与党政治家の現状をふまえた意見というべきか。
 私は、政府委員制度廃止・政による官のコントロールという菅氏の提案を読んだ時には、「その通りだ」と思ったが、上田氏や後藤田正晴氏の「現実的意見」を読むと、やはり、制度よりも政治家の精神を変えるほうが先決だ、と考えざるを得ない。で、そのためには何よりも国民の政治に対する意識を変えなくてはならないわけだ。

 後藤田氏といえば、本書の中で意外なフレーズがでてきた。

最近、外交・安全保障問題ではなかなかの正論をのべている後藤田正晴副総理には、(以下略、p.99)

というのである。p.203では朝日新聞の「後藤田正晴の目」(98.12.3)を引用してもいる。 次のことも結構意外だったりする。

 よく「何でも反対の共産党」といわれる。共産党の審査の基準から見て大きな問題を含む自民党政府提出の法案に万一賛成したら私たちの責任放棄になる。反対する場合、政策的にはかならず対案を研究し、修正案を出すこともある。(中略)
 合計すると私が在職した24年間で成立件数2174件のうち、賛成は1120件で51.5パーセント、反対が1023件で47.1パーセントだった。賛成のほうが多く、「反対のための反対」は1本もない。(p.137-138)

こうして数字で出されると「へえーっ」と思う。これは結局、国会というところはイデオロギー対立の場というよりも、結構現実的な仕事をしているところである、ということなのだろう。
 だからこそ、次のことは重大だ。
 「衆院全委員会の年間審議時間は10年前に比べて半分以下に激減」(95.12.13毎日)というのを引用したうえで次のように書いている。

「言論の府」で言論半減、機能半減が起きていることにほかならない。(中略)
 法案の審議は、たとえ賛成法案でも充実した逐条審議が国会の重要な任務である。とくに閣法の場合、提出した政府側に、わかりにくい法律用語で書かれた各条文の内容を明確にさせ、適用する条件と限界、具体的なケース、条文にもとづいて制定しようとしている政令の中身など、さまざまな問題を質問して、議事録に残すようにしなければならない。(中略)
 たとえば99年の国会で審議中の、新ガイドラインに関連した「周辺事態措置法案」の第九条[国以外の者による協力等]は地方自治体と民間との協力をきめてあり、全国的関心が強い条項だが、その3に「損失に関し、必要な財政上の措置を講ずるものとする」とある。その際、「損失」とは具体的になにか、費用は含まれるのかなど、逐条審議しなければなにもわからない。そうでないとすべて政府が勝手にやることになってしまう。(p139-144)

 この上田氏の指摘がそのままあてはまってしまっているのが99年の第145国会である。新ガイドラインも成立した他、国旗国歌・中央省庁改革など重大案件がほとんど国会を素通りしているかのようである。

後藤田正晴 二十世紀の総括

社会経済生産性本部・21世紀へのメッセージ刊行委員会編。生産性出版。
佐々木毅(東大法学部教授)・早野透(朝日新聞編集委員)・内田健三(政治評論家)の3人が、98年秋から99年春まで全7回、約20時間にわたってインタビューしたものを文章化したものである。

 これは、警察・政府というの権力の中枢に長く身を置いた人ならではの、歴史認識及び現状分析だ。その意味で、下の菅直人の本とはまた違ったおもしろさがある。
 たとえば、官僚支配の行き過ぎを批判する一方で、政治家にも勉強せい、と言い、「一内閣一大臣(要するに内閣改造でコロコロ大臣を変えない、ということ)」を提唱する。「政権党の政治家たちが内閣改造で順番に大臣になる」ため、不勉強なくせに大臣になって、その結果、官僚のいいなりにしかできないのだ、というわけで、まことに正論である。そういうわけで、「副大臣を複数置く」などというのは後藤田氏に言わせれば、「アホ大臣をさらにたくさん作り出すだけだ」ということになる。

「識見に欠ける政治家を一年ごとに役所に送ってこられても、お世話しかねるというのが役人のほうの正直な気持ちであろう」p.161

 また、これは以前朝日新聞でも語っていたことだが、憲法と軍備に関する見解も「長老」の言葉として重い。

 私自身は憲法改正については時期尚早論である。それならいつだったらいいのか、と言えば2010年頃が1つの目標になる。ただしその改正問題はその時の内外情勢や国民の意識の変化がどうなっているかによる。
 なぜ2010年かと言うと、わかりやすく言えば「とにかく憲法改正は私たちの世代が死んでからにしてほしい」ということなのである。旧憲法下のマイナス体験を私たちはしている。またそのために苦しんだ他国の人々がいる。そういう過去の加害者・被害者が、2010年頃にはともにいなくなるものと思われる。戦争を経験した私としては、過去の戦争世代が生きている間は、憲法改正は早すぎると思うのである。

 その時に私が懸念するのは、戦争の体験というものをまるっきり知らない世代の人たちが、知らないが故に、過去の歴史の教訓というものに思いを致さず、安全保障や防衛の面で前に進みすぎるのではないかということである。それは私も党で憲法問題を議論したときに感じたことである。若い人たちは戦争体験がないがゆえに威勢がいいのである。
 だから私は、戦争を知らない世代の人たちに、歴史をきちんと勉強してほしいと思っている。私は歴史認識のない人間は信用できないと思っている。(ここで、司馬遼太郎の「人間は歴史の中に生まれてくる」という言葉を引いて)、私はそれを読んで非常に良い言葉だと思った。最近の世の中を見ると、一部に、日本の過去の戦争についていつまでも拘泥する必要はないというような議論もあるが、やはり歴史というものは忘れてはいけないのである

 最後の赤字にした部分を読めば、後藤田氏が、「自由主義史観研究会」の連中とは一線を画していることは明らかである。

大臣

菅 直人。岩波新書。1998年5月刊。
 現職の政治家が岩波新書に政治論を書く、というのは極めて異例。
 これは、本当にブームになるべき本である。ある意味では、宮本政於氏の本よりも「暴露性」が強い。
 日本は官僚主導型政治だという。だが、あれほどその弊害を指弾していたウォルフレン氏の本でも、ではなぜ官僚主導型政治が可能なのか、についての具体的な解説はなかった。その内幕をこれほど分かりやすく説明した本はあるまい。今までこうした本がなかったこと自体が、もしかしたら問題なのかも知れない。それほど、この本は「わかりやすい」。やはり「大臣」を身をもって体験したことが、この本に臨場感・具体性を付加していることがその理由であろう。
 なお、この本の読み方としては、まず巻末の「1996年12月6日の衆議院予算委員会での質疑応答」を読み、次にその前にある雑誌「世界」1997年8月号での、著者及びともに法政大学教授である松下圭一・五十嵐敬喜の両氏との座談を読み、それから最初に戻る、というのが良い。

 それにしても、政治改革というのが「あたりまえのこと」、たとえば事務次官会議を廃止し、閣議をサイン会ではなく議論の場とし、そこでの決定を官僚に命令する形にする、などといったことから始めなくてはならない、とは何ともウンザリしてしまう。しかし、本当に困難なのはそうした当たり前のことを当たり前にする、ということであるのは、「組織のかかえる不条理」に苦しめられている人にはピンとくるはずである。
 そう。天下国家を論じるのは容易である。本当に大変なのは身の周りを少しずつ変えていくことである。だから、ささいな形式的に思えること、たとえば大臣室は各省庁の建物にではなく、国会もしくは首相官邸内に設け、必要があれば官僚をそこに呼びつけるようにする、といったことが、案外有効なのではないか、という著者の意見に同感である。(実際、憲法上も、その形が当然である。)

議会 −官僚支配を越えて−

五十嵐敬喜、小川明雄。岩波新書。1995年1月。
1993年夏の細川内閣から村山内閣に至るいわゆる自民党一党独裁が途絶えた時期においても、なお従来通りの「官僚統治」が続いているのはなぜか、というところから、「議会の復権」こそが問題解決の鍵である、と説く。

お役人の無駄遣い

住田正二。読売新聞社。1997年12月。
著者は元運輸事務次官。87年JR東日本社長、93年同会長、96年同最高顧問。
自らの経験をもとに、公共事業の無駄を批判し処方箋を説く。

宮本政於氏の本も参照のこと


本のトップ・フレームに戻る