佐々淳行の本


1930年生まれ。東京大学法学部卒業後、1954年4月に国家地方警察本部(現・警察庁)に入庁し、振り出しは、目黒警察署勤務。埼玉県警本部警務部監察官をへて、1957年に大分県警本部警務部長兼監察室長という県警ナンバー2に抜擢(6年飛び級)され、そこの腐敗ぶりを粛清する。
1960年アメリカ研修帰国後、警視庁公安部外事課第一係長という降格人事(60年安保闘争の末期警備)。次は大阪府警本部警備部外事課長で飛び級人事。1964年1月、警察庁警備局付きになり、ケネディ暗殺事件調査のためアメリカ派遣(同年10月の東京五輪警備に向けての研修。)
1965年、外務省に出向し香港領事。ここで文革の影響を受けたポルトガル領マカオの対処失敗と、イギリスの対処の巧さを目の当たりにする。さらに68年1月ベトナム出張中に、サイゴンでテト攻勢に遭遇し、臨時一等書記官として邦人保護にあたる。(ここまでの外務省出向があるため、通算20年警察につとめたが連続ではなくなり勤続表彰に該当せず。)
1968年7月に帰国して、警視庁公安部外事第一課長をへて、同年11月、警視庁警備第一課長。ここで第2次安保闘争警備にかかわる。69年1月、東大安田講堂事件。70年7月、それが一段落して警務部人事第一課長、同年9月、警務部参事官。71年11月、警察庁警務局監察官。72年1月、欧米に爆弾処理技術調査出張。同2月、あさま山荘事件。同7月、警察庁警備局外事課長になり、翌73年の金大中事件などの処理にあたる。
1974年、警察庁警備局警備課長。フォード大統領来日・エリザベス女王来日の警備をへて、75年7月の沖縄ひめゆりの塔事件(皇太子夫妻への火炎ビン事件)で警備課長から三重県警本部長に転出。9月の三重国体警備。
77年2月に警察庁刑事局参事官に戻るが、同8月に防衛庁に出向。防衛審議官・教育担当参事官・人事教育局長をへて82年に官房長。84年に防衛施設庁長官(この地位は防衛庁の次官並)になり、厚木NLP・逗子池子米軍住宅・三宅島新空港問題に対応するが、86年6月半ば解任され退職。
しかし同7月1日付けで再任用扱いで、初代の内閣安全保障室長となる。中曽根内閣・後藤田官房長官のもとで新設されたこの地位は、アメリカの大統領特別補佐官に相当するべきものだが、扱いは低かった。(ちなみに2001年付けの省庁再編後は、この地位は内閣危機管理監に相当するようで、大部地位はあがったようだ。)
ここで大島三原山噴火全島避難、警察特殊部隊SATの新設、東芝ココム違反事件などにかかわる。最後は昭和天皇大喪の礼警備。(その直後、宇野内閣で天安門事件にあたる。無策の同内閣に対し内閣補佐の5室長連袂辞職。)


東大落城

文芸春秋。1993年。のちに文春文庫収録。
東大安田講堂事件は1969年1月18〜19日におこったが、そこに至る経緯までのも詳しい。
著者は、この1970年を中心とする学生運動時代の過激派の暴力事件に対して、警視庁警備部警備第一課長(東大事件)として警察庁長官・後藤田正晴、警視総監・秦野章の下で前線指揮をとった。

連合赤軍「あさま山荘」事件

文芸春秋。1996年。のちに文春文庫収録。
あさま山荘事件は1972年2月である。(札幌五輪の直後で、また事件中にはニクソンが中国訪問している。)
この「あさま山荘」の時の著者は警視庁警備局監察官という肩書きであった。長野県の事件のため、特別に「FBI」的な形で派遣されたチームのNo.2=事実上の長ということで派遣された。そんなわけで、長野県警との縄張り争いなどもあったらしい。こうした著者の体験は、20年たった現在も警察その他の日本の重要組織における「危機管理」体制の脆弱さを憂える数々の書にも現れている。

 こうしたタテワリ組織の弊害は、企業その他でも同様であるため、ここに書かれた「組織の不条理に悩まされる人間模様」は共感を呼ぶ。

わが上司 後藤田正晴 − 決断するペシミスト −

文春文庫。もとは2000年刊行。2002年文庫化。
この本のp.165「波瀾万丈のわが役人人生」のところを読めば、著者の略歴がよく整理されている。

危機管理のノウハウ PART1

PHP文庫。副題は「信頼されるリーダーの条件」。1979年。

危機管理のノウハウ PART2

PHP文庫。副題は「80年代・闘うリーダーの条件」。1979年。

危機管理のノウハウ PART3

PHP文庫。副題は「危機に強いリーダーの条件」。1981年。


本のトップ・フレームに戻る