中坊公平氏に関する本


昭和4年8月2日京都生。京都大学法学部〔昭和28年〕卒。
昭和32年弁護士開業。45年大阪弁護士会の戦後最年少の副会長となり、59年度には会長に。60年春から新設の総合法律相談センター運営委員長を務める。48年森永砒素ミルク事件被害者弁護団長、同年千日デパート火災テナント弁護団団長を、60年豊田商事の破産管財人を引き受けた。近畿弁護士会連合会理事長、日弁連副会長などを歴任し、平成2〜4年日弁連会長を務めた。この間、昭和50年から始まった香川県豊島の住民らによる産業廃棄物撤去運動に共鳴、平成5年より県と排出企業を相手取った公害調停の弁護団長を務め、産廃問題解決に道筋をつけた。8年7月住宅金融債権管理機構社長、11年4月同機構と整理回収銀行が合併して発足した公的不良債権回収機関・整理回収機構(RCC)の初代社長に就任。同年8月退任し、顧問。12年3月小渕内閣特別顧問。同年警察刷新会議座長代理。13年1月整理回収機構を退任。


金ではなく鉄として

岩波書店。2002年2月。
朝日新聞に2000年7月から2001年12月まで連載された聞き書きによる自叙伝である。

中坊公平・私の事件簿

集英社新書。2000年11月刊行。
中坊氏が過去に手がけた数多くの事件から14件を取り上げて、その内容と思い出を記したもの。
 徹底した現場主義を悟った「H鉄工和議申し立て事件」、事を公にする(ディスクローズ)ことによって権力に挑戦し座り込みで新幹線工事を阻止して補償を勝ち取った「M市場立ち退き補償事件」などで敏腕弁護士としての地位を確立。
 そこに舞い込んできた「森永砒素ミルク事件」によって社会派弁護士として中坊氏は生まれ変わる。この本にはこの裁判の第1回口頭弁論の冒頭陳述全文 − 中坊氏はこれを全て暗記して陳述を行ったという − が記載されている。氏自身、終生忘れることのできない冒頭陳述と書いているが、まさしく「涙無しには読むことができない」名文である。
 「豊田商事事件」については、同社の破産管財人になるにあたってまず、「被害者」という言葉を使うことを裁判所に認めさせるのに苦労したという。破産法の上では「債権者」というのが正しいからというのである。ここにも「司法と国民の乖離」があるという。また、破産管財人・中坊氏は、豊田商事の従業員を相手取って裁判をおこし「その従業員の報酬契約が公序良俗に反するため無効である」という判決を即決で勝ち取る。これによって無効な雇用契約によって生じた従業員報酬は「給与所得」ではなく「雑所得」である、ということになり、雑所得は源泉徴収義務の対象ではないため、豊田商事から源泉徴収で国税庁に納められた税金は従業員本人に返還されることになり、それを管財人は差し押さえることができた。しかし豊田商事の社員だった人は、その後もあちこちで悪徳商法の実行犯となっているらしい。さらに、中坊氏は、この事件において豊田商事から利益を得ていたゼネコンなどがいたことを「悪い奴ほどよく眠る」、「世の中というのは常に、世間が悪だと叩いているやつのもうひとつ上に隠れた存在がある。それを見抜かねばならない」と指摘している。
 「豊島産業廃棄物事件」は、2000年6月6日に、香川県との公害調停が成立した。この本ではその3日前の「6月3日の住民大会での挨拶」、及び「6月6日、調停最終案調印式での挨拶」が収録されている。「確かに県はけしからんし、罪無くして罰せられたあなた方は本当にお気の毒やと思う。しかしあなた方にも落ち度はあった。権力というものは甘くない。国民主権といったって権利というものはじっとしていては守れるものじゃない。」「世の中には真実と道理がある。それは権力よりも強い。」
 「住専処理」では、中坊氏は「住宅金融債権管理機構」の社長、さらにそれが破綻した銀行などの債権回収をすすめてきた整理回収銀行と合併した「整理回収機構」の社長を99年8月に退任するまで「1円の月給も退職金ももらわず」勤めた。それはまさしく公的資金注入という政策によって「罪なくして罰せられた国民」に対して「司法に籍を置く者」としての責任で引き受けた仕事であった。中坊氏は、我が国の司法は果たすべき役割の2割しか果たしていない、という。残りはどうなっているのかと言えば「1.泣き寝入り」「2.政治決着」「3.暴力団支配」「4.行政指導」である。住専問題はこの第2のパターンであり、本来、司法が裁くべき社会の紛争なのに、ここには正義も道理もない。だから、せめて住管機構の社長は、司法の人間が引き受けなくてはならない。このまま手をこまねいていることは日本の司法の名折れである。そう考えて社長を引き受けさせていただいた、という。

罪なくして罰せず

朝日新聞社。
住宅金融債権管理機構(99年4月から整理回収機構)社長を、99年8月の70歳の誕生日に退任した著者の自叙伝である。もちろんどうしても、住宅金融債権管理機構の話が中心になってしまうが、下の本に載っていないことも書いてあり、やはり当事者ならではの迫力もある。

野戦の指揮官 中坊公平

NHK「住専」プロジェクト。NHK出版。
1997年4月13日放送「NHKスペシャル 史上最大の不良債権回収」、及び
1997年10月13〜16日放送「ETV特集 シリーズ弁護士 中坊公平」(全4回)の番組をもとに、新たな取材を加味して記したものである。

 住専問題の「政治的決着」の結果できた、国策会社である(株)住宅金融債権管理機構の社長に就任した弁護士・中坊公平の現在及びその経歴を記した本であるが、同時に戦後日本の病的歴史を追ったものともなっている。
 中坊公平は、初めから「正義感あふれる」弁護士というわけではなかった。ところが、森永砒素ミルク事件の被害者弁護団長になったこと(1973年)からそれまでとは全く違う人生が開けてくる。その後、1985年の豊田商事事件において、豊田商事の破産管財人に就任し被害者へ返還する金を捻出すべくあらゆる手段を講じる。1993年には、国内最大の廃棄物違法投棄事件である香川県豊島(てしま)の住民運動の弁護団長となる。
 彼は、豊島でも住宅金融債権管理機構でも、「われわれの運動は歴史の批判に堪えられるものでなければならない」と説く。日本にもこのような人間がいる、というそのことにまず爽快感をおぼえる。一方で、豊田商事の被害者の老人たちや豊島の住民たちに対する日本の社会の冷淡さ、住専問題への関心の急激な低下(これは薬害エイズでも阪神大震災でも同じだが)・・・・すなわち、日本人ひとりひとりの正義感・公徳心の低さも明らかにされ、暗澹たる気持ちにもなる。中坊は、そうした世間の冷たさを承知の上で、その冷たい世間からの批判にも堪えうる運動を説いているのである。

人間力
突破力

徳間書店。この2冊とも佐高 信氏と中坊氏との対談集である。
中坊氏がこの本の中で何度か「最低のモラルである法律」という言葉を口にされている。法というのは最低のモラルを示したものであり、法にさえ触れなければ何しても良い、ということではないのだ、ということである。

 なお、佐高氏は、中坊公平氏が小渕内閣特別顧問、警察刷新会議座長代理などをつとめるようになったころから、宮崎学氏らとともに中坊氏を批判する側にまわっている。「中坊公平的正義とは」佐高信;宮崎学編著 社会思想社(2001.6.30)という本の前書きを佐高氏が書いているので、その抜粋を下にあげる。(私はこの本を立ち読みした)

 宮崎流に言えば「ケンカの仕方」ということになるかもしれない。ケンカの相手は多数の顔をして少数を踏みにじろうとする人たちであり、あるいは弱者の味方のふりをして権力のお先棒をかついでしまう人たちである。
 最初は確かに弱者の立場に立ちながら、いつのまにか、強者の用心棒になってしまった中坊公平がその象徴であり、そうした人たちへの闘争宣言という意味で、タイトルは『中坊公平的正義とは』とした。
 中坊の“活躍”にただ拍手をするのではなく、“国民的英雄”の彼をもチェックする素材として読んでいただければ幸いである。

 しかしこれを読むと、佐高氏自身のルサンチマン、狭い党派性がよくわかる。結局、佐高氏は単なる“評論家”でしかなく、自ら何かを実行する人間ではないのだ。そもそも皆が、そして佐高氏が中坊氏を賞賛していた時、その理由に“政治的党派性”はなかったはずである。
 中坊氏だって、もともと閉鎖的な法曹会において出世してきた人なのだから、その経歴の最後のほうで保守政権の顧問になっても不思議でもなんでもない。むしろ“敵”の内側に、彼のような人がいること自体が社会にとって「少なくともマイナスではない(別にプラスにならなくてもよい)」と考えるべきではないか。それこそがニヒリズムというものだろう。上記「中坊公平的正義とは」に収録された対談で、進行役の渋谷陽一氏から佐高・宮崎両氏はニヒリズムと評され、それに対して開き直っているのだが、私から見れば、結局佐高氏は中坊氏が100%自分の思った通りの人でなかったといって逆恨みしているだけのように思われるのだ。


本のトップ・フレームに戻る