宮本政於の本


日本大学医学部〔昭和48年〕卒。米国のエール大学などに留学。コーネル大学助教授、ニューヨーク医科大学精神神経科助教授など務めた後、昭和61年厚生省に入省。疾病対策課筆頭課長補佐を経て、平成3年横浜検疫所検疫課長、6年神戸検疫所検疫課長。横浜検疫所時代の5年に出版した「お役所の掟」は官僚制度に正面からメスを入れ、ベストセラーに。6年には英語版も出版。7年無断欠勤などを理由に懲戒免職。平成11年7月18日パリ郊外の病院にて没(51歳 結腸がん)。


お役所の掟―ぶっとび「霞が関」事情

講談社

在日日本人

ジャパンタイムズ。
相次ぐ「いじめ」をものともせず、サラリーマンの掟に挑戦。

お役所のご法度―霞が関ムラの怖〜いお仕置

講談社。
リストラ・政権交代・大震災…一切関係なしの呆れた別世界。
何回きいても信じられない「世は我のもの」「行革ってなんのこと」の官僚社会の内幕。

お役所の精神分析

講談社。
厚生省を懲戒免職された元検疫課長が、お役人の深層心理と心の病理をユーモラスに描く。

官僚の官僚による官僚のための日本!?

講談社+α文庫。

1〜4章については英語での講演内容と質疑応答を統合して再編集したもの。


なお宮本氏のものではないが、同種の本として

お役人さま!

廣中克彦。講談社。
都庁出入りの業者である著者が、業者側から官僚の内情を暴露。


本のトップ・フレームに戻る