コンピュータ関連の本


IT革命?そんなものはない

柳沢賢一郎+東谷暁。洋泉社新書y。2000年12月初版。
「eコマースはどれも失敗」「ITでは生産性はあがらない」といった経済的な面の他、教育にも悪影響を及ぼしている点など、IT革命のウソを次々と暴露していく。
インターネット上の情報などどれも信用のおけるものではないのに「グローバル・ブレイン」などと持ち上げた立花隆(下記参照)なども当然やり玉にあがっている。
もちろんITそのものが全面的に悪いわけではないことも十分に承知はしているが、IT革命があたかも産業革命につぐものすごいものだ、という迷信は、いい加減皆で卒業すべきであろう。

パソコン自由自在

石田晴久。岩波新書。1997年1月初版。
CPUの歴史、OSの歴史、パソコンの仕組み、マルチメディアについて、など大変わかりやすく解説されている。

ソフトウェアの法則 − コンピュータの利用技術とは −

木下恂。中公新書。
副題は上記の通りだが、決して専門書ではない。
プログラマとしての著者の仕事や私生活を通じてのエッセイである。


諏訪邦夫氏の本

諏訪氏の本業は医者であり、「ガンで死ぬのも悪くない」などという著書もある。

パソコンをどう使うか − 活字から電子メディアへ −

中公新書。
1995年4月初版なので、やや記述も古くまた保守的である。
著者自身そのことを巻末でことわっている。
しかしその主張の根幹となることについては、古びたところは感じられない。

パソコンなら仕事が2倍できる

技術評論社。上の続編的な本。諏訪氏以外の数名も執筆しており、諏訪氏が編集している。

ナースのためのパソコン入門 第2版

中外医学社。この本もWindows以前のものであり、記述は古い。
しかし、野口悠紀雄氏があの『「超」整理法』の巻末で、

パソコンの参考書は山ほどあるが、ここでは、この1冊をあげる。
この本は実に面白い。パソコンとどのように付き合うかに関する哲学が感じられる。パソコンのユースウェアに関する本は、パソコンの専門家でなく、別の分野の専門家が書くほうがいいことを、明瞭に示している。

と紹介している名著である。


NHKスペシャル 新・電子立国

新・電子立国〈1〉ソフトウェア帝国の誕生

相田 洋;大墻 敦。日本放送出版協会。

 「マイクロソフト帝国」の今日の隆盛に至る歴史をたどる。
8ビットパソコン用の「CP/M」(と同機能の「86DOS」)をモデルにして、インテル社の16ビットCPUを搭載したIBM社のパソコン用に、1981年に「MS-DOS」を完成させたところの記述は圧巻である。
 一方、GUIの開発の歴史もアップル社以前から説きおこされていて興味深い。こんな昔からこんなことを考えていたなんて....

新・電子立国〈3〉世界を変えた実用ソフト

相田 洋;大墻 敦。日本放送出版協会。

 世界のビジネスに変革をもたらした「表計算ソフト」の先駆者は、ビジネススクールの学生だった。それが、アップル社の8ビットパソコン用に作られた「ビジカルク」である。
 ところがIBM社が1981年に16ビットパソコンを販売すると、それに対応した「ロータス123」が出現して大成功。一方、「ビジカルク」陣営は内輪もめで挫折してしまう。
 もう1つ、NECパソコンを大躍進させた日本語ワープロ「一太郎」を開発したジャストシステム社の創業物語も大変面白い。日本でもこんなことがあったんだなぁ...

新・電子立国〈6〉コンピュータ地球網

相田 洋;矢吹寿秀。日本放送出版協会。

マルチメディアをになうアメリカのケーブルTV網、映画「アポロ13」に用いられたデジタル画像技術、ジム・クラーク率いるシリコン・グラフィック社の画像処理専用コンピュータ、といった話を紹介した後は、インターネットの話一色となる。
通信網のリスクを分散させるために開発されたARPANET(国防総省高等技術計画局のネット)からインターネットの歴史を説きおこし、1980年代にUNIXというネットワークに適したOSにも触れた後、ヨーロッパ原子核研究機関(CERN)におけるティム・バーナーズ・リーの「WWW」の発明の話になる。これが1989年のことである。

  1. どの文書が欲しいかは「URL(Universal Resource Locator)で指定する。
  2. 文書は「HTML(Hyper Text Markingup Language)という文法で書く。
  3. 文書の転送はHTTP(Hyper Text Transfer Protocol)という手順で行う。

 そしてこれを普及させるため、リーは、インターネット上に「WWW」の仕様を公開し、そのためのソフトを作ってみないか、と呼びかけた。それに応えていくつかのブラウザが作られたが、1992年末からイリノイ大学でマーク・アンドリーセンら学生たちが「モザイク」という画像も表示できるブラウザを開発し爆発的にヒットする。そして彼ら学生たちをスカウトしてネットスケープ・コミュニケーションズ社をおこしたのが初めのほうに登場したジム・クラークであった。

 さらに話は「暗号技術」のほうへと移っていく。ここからは全編スリリングである。
 国防総省のNSA(国家安全保障局)が、RSA社の暗号ソフトに対して圧力をかけてきた。これに対して、RSA社ジム・ビゾフは、「ギャンブラー魂」で、NSAは米国国民に対しては諜報活動をしてはならない、という法律を逆手にとって、逆にNSAを「ゆすった」のである!
 さらに1991年、事実上の暗号使用禁止令となりうる法案が提出される(これはのちに廃案になるが)と、フィル・ジマーマンという気骨ある人物により、「PGP」という協力な暗号を一気に作り上げ、それがインターネットに載って全世界に広まる。これがFBIに「兵器輸出」嫌疑をかけられると、これまた気骨ある弁護士フィリップ・デュポワらがジマーマンを擁護。一方で、ジマーマンは、「言論出版の絶対的自由」を逆手に取り「PGP」のソースコードを「本」の形で出版し、「これと電子的プログラムのどこが違う!」という挑発とも思える行動をとる。そして、ついに1996年1月、連邦法律事務所からの1枚のFAXで「不起訴」の確約がなされるのである。


クリフォード・ストール氏の本

カッコウはコンピュータに卵を産む (上・下2巻)

草思社。
世界中に報道された国際ハッカー事件で、ハッカー相手に孤軍奮闘した若き天文学者がみずから書き下ろした、電子スパイ追跡ドキュメント。

上巻:
 発端は75セントだった。研究者のコンピュータ・システムの使用料金合計が75セントだけ合致しない。天文学研究のかたわら、新米のシステム管理者となった著者の初仕事が、その原因の究明だった。どうせプログラムのミスさ、と軽い気持ちで調査するうちに、正体不明のコンピュータ・ユーザーが浮かび上がってきた。―ハッカーだ。誰かがコンピュータに侵入している。しかもこのハッカーは、研究所のコンピュータを足場に、国防総省のネットワークをくぐって各地の軍事施設や基地のコンピュータに侵入し、陸軍のデータベースを読みあさって、CIAの情報にまで手をのばしている。この電子スパイの目的は何か。どこからどうやって侵入しているのか。そしてその正体は?

下巻:
 ハッカーはドイツから侵入して来ている。アメリカ各地の軍事施設にあきたりず、折り返してドイツ駐留の米軍基地に侵入したり、はては太平洋を越えて日本の米軍基地にまで触手をのばしている。ハッカー本人は端末機の前から一歩も動くことなく世界を縦横に駆け巡り、自在にスパイ活動を行っているのである。FBIもCIAもあいかわらず犯人捜査に動こうとしないが、ドイツの捜査はもう一歩のところまで来ていた。しかし逆探知を完了させるためには、もっと長時間、ハッカーを引きとめておく必要がある。そこでクリフたちが考えだしたのが「おとり作戦」、偽の情報をちらつかせてハッカーを釣りあげようというのである。どこのコンピュータもほとんど無防備だった。次々と明らかにされるハッカー侵入の手口。

インターネットはからっぽの洞窟

草思社。
 たしかにインターネットには素晴らしい面がある。だが、いま世間に喧伝されているのは、あまりにも誇張された物語ばかりだ。インターネットで仕事が変わり、社会が変わり、世界が変わる―でも、本当にそうなんだろうか?ネットワーク歴15年にもなる著者は、いまのブームに危険なものを感じている。このままでは、人と人との交流が薄まり、現実への関心がなくなって、社会の大切な部分が失われてしまう。インターネットは、理想の楽園という幻想で満たされた、からっぽの洞窟なのだ…。

 この本で、インターネットに対して否定的に書かれたことについて、立花隆氏は、ストール氏が異常なまでにインターネットに関わりすぎているだけだ、と批判している。

立花隆氏の本

インターネット探検

講談社。立花式インターネットへの招待。
常識を超える情報の宝庫を自由に旅するためのコツを、わかりやすく解説。
村井純慶大助教授らとの対談収録。
私が、インターネットを始めるにあたって最初に手にした本である。

インターネットはグローバル・ブレイン

講談社。インターネットがわれわれに与える社会的、歴史的影響とは何か。
地球上で刻一刻拡大を続けるその姿に立花隆が迫る。 上記の本の続編。


本のトップ・フレームに戻る