教育関係の本


自分の脳を自分で育てる

川島隆太。くもん出版。
一桁の数字どうしの単純な計算や音読で脳全体が活発に働く。
著者は1959年生まれの東北大学医学部教授・医学博士で「ブレインイメージング研究」 − ある活動をしたとき脳のどの部分が働いているかを知る研究 − の日本における第一人者である。と聞くと難しいと思われるかも知れないが、この本の文体は、小学生でも読めるようなやさしさで書かれている。
この本の内容は、陰山学級の試みを学問的に裏付けるものになっている。

本当の学力をつける本

陰山英男。文藝春秋。
学習指導要領がますます知育をないがしろにし、特に低学年における読み書き計算のトレーニングを「個性をつぶす画一教育」の元凶と退けるようになったた。それによって、高校教師である私は生徒のあまりの常識的知識の無さに“無力感”すら感じている。
しかし、著者の勤める山口小学校がある兵庫県の山間部の朝来町では、1989年ころ、たまたま高校入試の結果が原因で、住民から「学校でしっかりとした教育がなされていないのではないか」という意見が出され、全国的な流れとは逆に「読み書き計算の反復練習」を重視する教育がなされてきた。その10年の試みの結果がここに報告されている。
 結果的に「正しいやり方」というのは1つである、ということなのだろう。この本には斎藤孝氏の説くところと共通する点がある。
 著者はその後、尾道市の公募校長制度で土堂小学校の校長となった。

見える学力 見えない学力

岸本裕史。大月書店(文庫)。
この本は学生時代に買って読んでいたが、上の陰山氏の本にもでてくる。陰山氏は岸本氏の主催する「学力の基礎をきたえ落ちこぼれをなくす研究会」に所属していたという。

分数ができない大学生 − 21世紀の日本が危ない −

西村和雄、戸瀬信之、岡部恒治編。東洋経済新報社。1999年。
 自校の受験における偏差値を上げるために、受験生におもねって入試科目を減らし、数学を入試科目から削った結果、大学としての教育に支障をきたしている経済系学部で数学教育に関わっている人々による共著である。そこで起こっていること自体は「自業自得」でもあるのだが、学内では彼らはたぶん数学を入試科目から減らすことに反対であったろうから、第一線での被害者たちということになる。

 しかし、ここに書かれていることは、決して分数、あるいは数学だけの問題ではない。日本の教育全般にわたる深刻な現状(→内容の要約・抜粋)である。

  • 少数科目入試のもたらしたもの(西村和雄)
  • 創造性論議の落とし穴
  • 職場でも不可欠な論理的思考
  • 数学は役に立たないのか
  • 数学教育の重要性(松本幸夫)
  • 教養部廃止と理数離れ
  • 腐った教授、腐った学生相手に奮戦す
  • 小学校における「数学の危機」(有田八洲穂)
  • 日本の中高生の学力(佐藤和孝)
  • 京大生の数学力
  • 数学教育の国際比較
  • 日本の大学生の数学力 ― 学力調査
  • 文系学生の数学力 ここが問題!

 第12章が、題名のもととなった、大学生への算数・数学の基礎学力テストについての詳細なデータ分析。なるほど確かにこれはゆゆしき問題だ。
 第13章は対談で、大学院のレベル低下の現状、諸外国の大学入試制度、日本の私立大学の内情などが赤裸々に報告されている。

学校崩壊

河上亮一。草思社。1999年。
著者は、埼玉県の公立中学校の教諭で、「埼玉教育塾」(プロ教師の会)を主宰している。
私は、この著者の主張にほとんど全面的に同意する。2点ほど意見を異にする部分もあるが、それも含めて詳しくは別に感想を書いてみた。→こちら

「学び」の復権 −模倣と習熟−

辻本雅史。角川書店。1999年。
 近代の「教育学」や「学校教育」は、教える側の論理で構成されている。
それに対して、江戸時代の「手習塾(=寺子屋)」は、学ぶ側の主体性が重要である。
そこでは、師は「教える」のではなく「手本を示す」だけであり、弟子はそれを「見習い」「模倣」していくのである。師は弟子を誉めることはせず、ただ弟子が間違ったことをした時にそれを「矯正」するのである。弟子たるものは、学ぼうという志を立て、師に対しては何よりも素直な態度でなくてはならない。
 著者は、こうした近世日本における教育のあり方を「滲み込み型の教育」と名付け、近代学校制度における「教え込み型の教育」と比較して、そこから現代の学校教育の様々な問題点をあぶり出している。

 この本の第5章は「徒弟制と内弟子」というタイトルで、職人の世界の「見習い」重視の教育の例として「木のいのち 木のこころ」が紹介されていた。

ぼくにとっての学校 −教育という幻想−

日高敏隆。講談社。1999年。
著者は動物学者で日本動物行動学会の創立者。現在は滋賀県立大学長。
戦時中から戦争直後の混乱期に学校生活を送った著者はほとんど授業らしき授業を受けていない。(さらに中学高校はあの成城学園である。)そういうわけで、学校に関してはルソー的な批判・疑いの目を持っており、それが副題にも表現されている。しかし、そうした観点からの記述は前のほう3分の1ぐらいである。続く真ん中3分の1ぐらいは、動物行動学についてのお話で、それを受けて後ろ3分の1では、その動物行動学的観点から「教育」について語られている。題名から予想されるほど、現代の教育問題について正面から論じている本ではないので、そういうのを期待して読むとはぐらかされるが、しかし、問題の切り口が面白い。

五体不満足

乙武洋匡。講談社。今更紹介するまでもないベストセラー。
この本はもちろん「教育」のみに関する本ではないが、先天性四肢切断という障害を負いながら、普通学校で生活をおくった著者の自序ということで、教師である私は、どうしても彼を取り巻く学校環境に関する記述に興味をもった。